安藤太郎 (外交官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 太郎(あんどう たろう、弘化3年4月8日1846年5月3日) - 大正13年(1924年10月29日)は日本の外交官禁酒運動家である。

来歴[編集]

鳥羽藩医・安藤文沢の子として生まれる。横浜に留学中にアメリカ人宣教師デイヴィッド・タムソンサミュエル・ロビンス・ブラウン英語を習う。その後、安井息軒に漢学を、坪井為春大村益次郎蘭学を、箕作秋坪に英学を学ぶ。

海軍操練所陸軍伝習所で学んだ後、戊辰戦争では旧幕府軍の騎兵指南役として戦う。箱館戦争にも旧幕府軍の海軍士官として榎本武揚の元で戦う。[1]戦後、一年間の禁固刑に処せられる。

語学力を買われ明治政府の外務省翻訳官に任官される。1871年には通訳官(四等書記官)として岩倉使節団に参加する。1874年には香港領事になり、1885年にハワイ総領事になる。その時、美山貫一によりキリスト教に入信する。

1891年には、外務省通商局長に任命される。1895年には農商務省商工局長になる。1897年に役人を引退する。1890年に東京禁酒会を創立し、会長に就任し、クリスチャンとして日本の禁酒運動に尽力する。(東京禁酒会は1898年に全国組織の日本禁酒同盟会(初代会長:安藤太郎)に改編。当初はキリスト教徒中心の団体だったが、1920年には関西の禁酒会と合同して日本国民禁酒同盟となり、特定の宗教を超えた運動に。そして戦後1949年に日本禁酒同盟と改称、現在に至る。)

実弟にウィリアム・クラーク・イーストレイクに師事し横浜で開業した歯科医師・安藤二蔵がいる[2]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 脇哲(1988年)95頁
  2. ^ 明治16年の医師番付明治時代の歯科医学史、日本歯科医師会
  3. ^ 『官報』第703号「叙任」1885年11月2日。
  4. ^ 『官報』第2591号「叙任及辞令」1892年2月23日。
  5. ^ 『官報』第1476号「叙任及辞令」1888年6月2日。
  6. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]