中村泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 泰三(なかむら たいぞう、1917年 - 2002年8月26日)は、日本写真家

1954年、浪華写真倶楽部に入会。花和銀吾中藤敦本庄光郎などの指導を受けた。ポスタリゼーション作品を得意とした。代表作に『イタリア旅情:ポスタリゼーションによる作品集』がある。

略歴[編集]

1917年大阪市で生まれる。京都市立美術工芸学校卒。 2002年没。

作品集・著作[編集]

  • 接写の秘訣(共著) 双芸社 1951年
  • 引伸の実技 玄光社 1953年
  • 35ミリカメラの知識 玄光社 1954年
  • 35ミリ現像の知識 玄光社 1955年
  • イタリア旅情:ポスタリゼーションによる作品集 岩崎芸術社 1992年

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の写真家』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『浪:創立60周年記念画集』浪華写真倶楽部、1966年。