鵜飼猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うがい たけし
鵜飼 猛
生誕 (1866-01-29) 1866年1月29日
日本の旗 日本島根県松江
洗礼 1886年
死没 (1948-05-06) 1948年5月6日(82歳没)
日本の旗 日本東京府東京市
国籍 日本の旗 日本
出身校 シンプソン大学
職業 牧師
配偶者 矢島妙子
子供 湯浅清子、鵜飼信成、鵜飼宣道、鵜飼勇
養父:鵜飼渚

鵜飼 猛(うがい たけし、1866年1月29日慶応元年12月13日) - 1948年昭和23年)5月6日)は、日本の牧師である。法学者の鵜飼信成や、アメリカ共産党員でアメリカOSS(戦略情報局)にも所属した鵜飼宣道(ジョー・コイデ)、銀座教会名誉牧師の鵜飼勇の実父でもある。

生涯[編集]

初期[編集]

1866年1月29日(慶応元年12月13日)に松江に生まれる。1879年(明治12年) 同郷の鵜飼渚の養子となる。

渡米・入信[編集]

1885年(明治18年)東京府立第一中学校を中退して、美山貫一を頼ってサンフランシスコに行く。

1886年(明治19年) サンフランシスコの中国人伝道館で洗礼を受ける。その後、アイオワ州シンプソン大学で学ぶ。

牧師時代[編集]

1894年(明治27年) アメリカ・メソジスト教会按手礼を受けて牧師になる。

1895年(明治28年) 帰国し、青山美以教会(のちに銀座教会と合併)で牧師になる。

1896年(明治29年)4月 中央美以教会(のちの銀座教会)に転任。3代目牧師となる[1]

1901年(明治34年)1月1日 妙子夫人(矢嶋楫子の娘)との間に長女 清子が誕生。

1906年(明治39年) 信成が誕生。

1906年(明治39年)4月 鎌倉メソジスト教会(現・日本基督教団鎌倉教会)に転任[2]河合禎三と共に日本教会学校協会を創設して、主事にもなり、日本の教会学校の推進に尽力する。

1907年(明治40年)5月 日本メソジスト銀座教会(のちの日本基督教団銀座教会)へ再赴任。4代目牧師になる[3]

1908年(明治41年) 駒込教会に転任[4]

1910年(明治43年)3月 日本メソジスト銀座教会(のちの日本基督教団銀座教会)へ再赴任。6代目牧師になる[5]

1922年(大正11年) 4男の勇が誕生。

1923年(大正13年)3月 鎌倉メソジスト教会(現・日本基督教団鎌倉教会)に転任[6]

1948年(昭和23年)5月6日 没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『銀座教会百年史』. 日本基督教団銀座教会. (1994年4月25日). p. 50. 
  2. ^ 『銀座教会百年史』. 日本基督教団銀座教会. (1994年4月25日). p. 63. 
  3. ^ 『銀座教会百年史』. 日本基督教団銀座教会. (1994年4月25日). p. 63. 
  4. ^ 『銀座教会百年史』. 日本基督教団銀座教会. (1994年4月25日). p. 63. 
  5. ^ 『銀座教会百年史』. 日本基督教団銀座教会. (1994年4月25日). p. 63. 
  6. ^ 『銀座教会百年史』. 日本基督教団銀座教会. (1994年4月25日). p. 79. 

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教大事典』教文館、1988年
  • 『銀座教会百年史』日本基督教団銀座教会、1994年4月25日

外部リンク[編集]