平岩愃保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平岩 愃保
Yoshiyasu Hiraiwa.jpg
生誕 (1857-01-20) 1857年1月20日
日本の旗 日本江戸小石川(現、東京都文京区小石川)
死没 (1933-07-26) 1933年7月26日(76歳没)
日本の旗 日本東京都阿佐ヶ谷
国籍 日本の旗 日本
出身校 開成学校東京府立洋学校
職業 牧師教育者教会監督
子供 平岩馨邦(次男)、川上末(4女)

平岩 愃保(ひらいわ よしやす、安政3年12月17日1857年1月12日) - 昭和8年(1933年7月26日)は日本の牧師、キリスト教界の指導者で日本メソヂスト教会第2代監督。平岩馨邦は次男。川上末は四女。

生涯[編集]

初期[編集]

安政3年(1856年)、三代続いたキリシタン宗門改役幕臣平岩馨明の長男として、江戸小石川に生まれる。明治3年(1870年)市ヶ谷小学校教員となり、翌年には官費生として東京府立洋学校で学ぶ。更に翌々年には開成学校に入学、理化学を学ぶ。

キリスト教入信[編集]

開成学校在学中に、カナダ・メソジスト教会の宣教師ジョージ・カクランに影響を受けてキリスト教に入信して、明治8年(1875年)に洗礼を受ける。その後献身を決意して、翌年に開成学校を退学。

牧師時代[編集]

明治9年(1876年)にメソジストの教職試補に選任される。明治11年(1878年)牛込教会(現、頌栄教会)を開拓し、明治15年(1882年)には甲府教会に赴任、次いで静岡で牧会をして、山路愛山高木壬太郎らを信仰に導いた。

1883年の第三回全国基督信徒大親睦会の幹部の記念写真、平岩は前から2列目の左から2人目、栗村は最前列右から2人目

明治16年(1883年)に東京の新栄教会で行われた第三回全国基督教信徒大親睦会に、栗村左衛八らメソジストの牧師と共に幹部の一人として参加する。

更に麻布駒込本郷中央会堂(現・日本基督教団本郷中央教会)などの牧師を歴任した。明治20年(1887年)には静岡女学校(後の静岡英和女学院)を創設。明治23年(1890年)には下谷教会で開拓伝道をして、翌年に按手礼を受け、最初のカナダ・メソジスト教会の牧師の一人になる。

関西学院院長時代[編集]

明治44年(1911年)には関西学院院長に選出され、教育者として活躍した。カナダ・メソジスト教会の代表として、メソジスト三派の合同の尽力した。合同後は、日本メソジスト教会の指導者となった。

メソジスト監督時代[編集]

翌年には亡くなった本多庸一の後を継いで、第2代監督に就任。大正9年(1920年)渡米して、排日運動の激しいアメリカで日本の立場を遊説する。同年11月に東京都阿佐ケ谷に移り、自宅で集会を始める。それが後の、日本キリスト教団、阿佐ケ谷教会になる。

参考文献[編集]


先代:
本多庸一
日本メソヂスト教会監督
第2代:1912-1919
次代:
鵜崎庚午郎