武藤正敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武藤 正敏(むとう まさとし、1948年昭和23年)12月18日 - )は、日本の外交官。元在大韓民国特命全権大使

人物[編集]

東京都出身。1972年に横浜国立大学を卒業し、外務省に入省。ソウル市朝鮮語研修を受ける。

キャリア官僚の中で朝鮮語を専攻した「コリア・スクール」からの初めての韓国大使で、韓国勤務が語学研修を含めこれで5度目という韓国通であり、外務省の北東アジア課長も務めるなど、朝鮮半島情勢通として知られる。

朝鮮語ができた駐韓大使には、日本統治時代の京城帝国大学卒で1980年代初めに駐韓大使を務めた前田利一がいるが、戦後生まれでは武藤が最初であった。経歴的には本省局長級経験がないなど、通常の自由民主党政権下での人事と異なり、丹羽宇一郎駐中国大使などとともに民主党菅内閣による異例の抜てきと評されている[1]

韓国大使在任中の2012年8月には、李明博大統領が竹島上陸を行ない、大使召還も検討され一時帰国した。また韓国政府と連絡をとれず、外務大臣のリーダーシップが届いていなかったことが、参議院予算委員会で問題とされ、同年丹羽駐中国大使などともに退任した。

2015年には 大使在任中の李明博大統領の竹島上陸などで日韓関係は一気に冷え込んだとし、「せっかく張り切って日韓新時代を築こうと思って着任したのに、日韓関係を悪化させたまま帰国することになり、じくじたる思いがあった」と振り返えり「今まで通りでは日韓関係は良くならない。ルールを変えて韓国の反日はもうやめてもらわないといけない」と主張した。[2]

経歴[編集]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「中国大使に伊藤忠相談役の丹羽氏決定 異例の民間出身」朝日新聞2010年6月15日
  2. ^ [1]産経ニュース.
  3. ^ (日本語) クウェート大使に武藤氏 政府人事”. 47NEWS (2007年10月2日). 2011年6月5日閲覧。
  4. ^ 武藤前駐韓日本大使、韓国・東西大の特任教授に 朝鮮日報日本語版2012/12/14 13:31
  5. ^ 「特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成24年4月1日~平成25年3月31日)」外務省

外部リンク[編集]