李明博竹島上陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国大統領として初めて竹島に上陸した李明博韓国大統領
島根県竹島の女島(左)と男島(右)

李明博竹島上陸(イミョンバクたけしまじょうりく)とは2012年8月10日韓国大統領である李明博竹島に上陸したという出来事。韓国大統領が竹島に上陸したのは今回が初めてである。これにより日韓関係は悪化した[1]

概要[編集]

この訪問計画は8月9日に明らかになり日本政府はソウル大使館を通じて韓国政府に対して中止を申し入れていたが退けられた[2]。李明博10日午前鬱陵島に到着、そこで昼食をとった後に竹島に向かい、午後2時前には竹島に到着し上陸した。訪問には文化体育観光相、環境相らも同行。約一時間半滞在した後竹島を後にした。この訪問により日韓の関係は悪化すると想定されており、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や経済連携協定(EPA)をめぐる日韓間の協議は当面望めなくなりそうとのこと。この時期に訪問を決めたのは歴史問題などでの日本に対する積もった不信感に加え、大統領の求心力の喪失、大統領周囲の金銭絡みの不祥事の相次ぎ、植民地解放である8月15日以前の訪問を求める声などの存在からと見られている[3]

日本政府は韓国のこの行動に反発しており、玄葉光一郎外相は武藤正敏駐韓国大使を一時帰国させた[4]

韓国固有の領土であることを示すハングルで「独島」「大韓民国」「2012年夏 大統領 李明博」と刻まれた高さ約1.2メートルの「独島守護標示石」が設置され、19日に除幕式が行われる。当初は上陸した10日に除幕式が予定されていたが天候のため延期された[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ ソウル共同 (2012年8月10日). “韓国大統領が竹島上陸 初の強行、閣僚も同行”. 中国新聞 (中国新聞社). オリジナル2012年8月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120814215547/http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201208100106.html 2013年6月16日閲覧。 
  2. ^ 黒田勝弘 (2012年8月10日). “韓国大統領、竹島上陸 日本の中止要請無視、駐韓大使召還へ”. 産経新聞 (SANKEI DIGITAL INC.). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/582944/ 2013年6月16日閲覧。 
  3. ^ “韓国大統領、竹島に上陸 野田首相「極めて遺憾」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年8月10日). http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY201208100228.html 2013年6月16日閲覧。 
  4. ^ 共同 (2012年8月10日). “駐韓大使が一時帰国 首相「極めて遺憾」 :政治(CHUNICHI Web)”. 中日新聞 (中日新聞社). オリジナル2012年8月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120812104958/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012081001002717.html 2013年6月16日閲覧。 
  5. ^ 中川孝之 (2012年8月16日). “竹島に「李明博」名前刻んだ標石、19日除幕式”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナル2012年8月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120819035148/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120816-OYT1T01066.htm? 2013年6月16日閲覧。 
  6. ^ “李明博大統領の署名刻んだ「独島標識石」を設置へ”. 中央日報(日本語版) (中央日報). (2012年8月13日). http://japanese.joins.com/article/612/157612.html?servcode=A00&sectcode=A10 2013年6月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]