遠藤誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遠藤 誉
(えんどう ほまれ)
生誕 (1941-01-03) 1941年1月3日(76歳)
満州国の旗 満州国新京
(現:中華人民共和国の旗 中華人民共和国吉林省長春市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学、社会学
博士課程
指導教員
東京都立大学
主な受賞歴 読売ヒューマンドキュメンタリー大賞優秀賞(1983年)
プロジェクト:人物伝

遠藤 誉(えんどう ほまれ、1941年1月3日[1] - )は、日本女性物理学者社会学者作家東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士[2]

来歴[編集]

1941年、満州国新京市(現:吉林省長春市)生まれ。日中戦争終結後も日本の独立回復まで中国で教育を受けた。長春包囲戦を体験。

1952年、日本へ引き揚げ。1961年、東京都立新宿高等学校を卒業し、1975年、東京都立大学大学院理学研究科博士課程単位取得。1982年7月15日、東京都立大学の理学博士として、「モデル流動相における速度自己相関関数の分解の密度依存性 」を発表。 1983年、『不条理のかなたに』で読売ヒューマンドキュメンタリー大賞優秀賞を受賞し、日中社会の社会学的考察に基づいた社会評論や自伝小説などを発表。

以降、千葉大学、1993年から2001年まで筑波大学 物理工学系(留学生センター) の教授[3]などを歴任。 帝京大学グループ顧問(国際交流担当)、留学生教育学会名誉会長、北京大学アジアアフリカ研究所特約研究員、中国国務院西部開発弁公室人材開発法規組人材開発顧問、内閣府総合科学技術会議専門委員、中国社会科学院社会学研究所研究員(教授)、上海交通大学客員教授などを務めた。

現在は、東京福祉大学国際交流センター長(特任教授)、筑波大学名誉教授。

人物[編集]

『卡子』は、満州での脱出行の体験を基に執筆されたが、 1997年1月13日、山崎豊子の『大地の子』が『卡子』の盗作であるとして提訴[4]。 自論を主張する『卡子の検証』まで上梓したが敗訴。

子供が2人、孫が2人いる[5]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

著作[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.304
  2. ^ 『毛沢東 日本軍と共謀した男』(新潮新書、2015年)著者紹介
  3. ^ 科学研究助成費データベース
  4. ^ 朝日新聞 平成9年1月14日 朝刊 社会面(13面)
  5. ^ 日経ビジネスブログ 著者プロフィール

外部リンク[編集]