樽井澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樽井台北事務所代表
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

樽井 澄夫(たるい すみお、1947年昭和22年)7月26日 - )は、日本外交官軍縮担当大使、沖縄担当特命全権大使交流協会台北事務所代表(駐台湾大使に相当)を歴任した。

経歴・人物[編集]

福島県郡山市出身[1]福島県立安積高等学校(79期)を経て、1970年(昭和45年)3月に慶應義塾大学経済学部を卒業して、同年4月慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程に進学。1971年(昭和46年)、大学院を中退して外務省に入省した。1972年(昭和47年)から台湾香港北京中国語研修を受けたチャイナ・スクール

1986年外務省条約局法規調整官、1988年国際連合日本政府代表部参事官、1989年在インドネシア日本国大使館参事官、1991年外務省アジア局中国課長、1993年外務省総合外交政策局安全保障政策課長、1995年駐中国公使、1998年外務大臣官房審議官アジア局担当)、1999年外務大臣官房総括審議官、2001年防衛参事官(国際) 、2002年駐クウェート大使、2004年内閣府国際平和協力本部事務局長兼内閣官房内閣審議官、2006年軍縮会議日本政府代表部特命全権大使、2009年(平成20年)6月、沖縄担当特命全権大使。

2011年(平成22年)10月に外務省を退官し、外務省参与となる。2012年(平成24年)4月9日、公益財団法人交流協会理事会により、台北事務所長・代表(駐台湾大使に相当)に選出され、4月24日付けで就任した[2]2014年(平成26年)7月14日付で交流協会代表を辞任した[3][4][5]2014年(平成26年)8月、公益財団法人日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター所長[6]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]189期 - 台湾新聞
  2. ^ (日本語) 交流協会台北事務所長(駐台大使)に前沖縄担当大使の樽井澄夫氏”. 【日刊】愛知李登輝友の会ブログ (2012-04-11  ). 2014年7月5日閲覧。
  3. ^ (日本語) 理事選任経過について(樽井現所長の退任、沼田新所長の就任等)”. (公財)交流協会 台北事務所 (2014-06-18  ). 2014年7月5日閲覧。
  4. ^ [2]
  5. ^ 「樽井澄夫・日本交流協会台北事務所長の就任パーティーに台湾の政界関係者が多数出席」中華民国(台湾)外交部
  6. ^ 「樽井 澄夫」日本国際問題研究所

外部リンク[編集]

先代:
国際担当防衛参事官
2001年 - 2002年
次代:
堀江正彦
先代:
美根慶樹
軍縮担当大使
2006年 - 2009年
次代:
須田明夫
先代:
今井正
交流協会台北事務所代表
2012年-2014年
次代:
沼田幹男
先代:
阿部信泰
日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター所長
2014年-
次代:
-