堀江正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

堀江 正彦(ほりえ まさひこ、1946年昭和21年) - )は、日本外交官カタール駐箚特命全権大使マレーシア駐箚特命全権大使を歴任した。

人物・経歴[編集]

岡山県津山市出身。1969年(昭和44年)大阪大学経済学部を卒業後、渡し、1971年(昭和46年)チューレイン大学大学院経済学修士課程を修了する。1973年(昭和48年)大阪大学法学部を卒業し、外務省に入省した。1975年(昭和50年)には、フランス国立行政学院(ENA、エナ)に留学している。

2011年(平成23年)3月15日東日本大震災に対するマレーシア政府及び国民からの支援に感謝の意を表した。堀江大使は被災者や福島第一原子力発言所の状況について説明したほか、海外のボランティアの受け入れが難しい現状についても言及した。またマレーシア国民からの多数の追悼と激励のメッセージが寄せられたことについては時折、言葉を詰まらせながら語った[3]2011年(平成23年)4月28日、離任。離任に先立ち4月26日に行われた記者会見では日本はマレーシアから多くのことを学べる「ルック・ウェスト」を心がけるべきだと述べた[4]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 堀江大使履歴”. 在マレーシア日本国大使館. 2011年5月14日閲覧。
  2. ^ 「特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成24年4月1日~平成25年3月31日)」外務省
  3. ^ (日本語) 堀江駐マレーシア大使が記者会見、マレーシア国民の支援に感謝”. 南国新聞 (2011年3月17日 ). 2011年5月14日閲覧。
  4. ^ (日本語) 堀江大使が離任記者会見、「ルック・ウェスト」日本はマレーシアから学ぶべきと語る”. 南国新聞 (2011年4月28日 ). 2011年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
樽井澄夫
国際担当防衛参事官
2002年 - 2004年
次代:
門司健次郎