皆川一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皆川 一夫(みながわ かずお)は、日本の外交官ウガンダ駐箚特命全権大使

人物・経歴[編集]

秋田県出身。東京外国語大学インドシナ語学科(ベトナム語専攻)を卒業後、1971年昭和46年)外務省に入省。1972年から2年間、在外語学研修生としてサイゴンで語学研修(ベトナム語)を受ける。1974年から在南ベトナム日本国大使館で勤務。最初の妻を亡くした後、1994年に結婚した妻は、語学研修時代に下宿していた家の長女にあたる下宿当時8歳だったベトナム人女性[1]

1978年から経済協力開発機構日本政府代表部在勤、1980年から外務省アジア局難民問題対策室勤務、1984年から国際連合難民高等弁務官駐日事務所次長、1986年から在ベトナム日本国大使館在勤、1989年から国際連合日本政府代表部在勤、1993年から在ホーチミン日本総領事館首席領事。

外務省外務大臣官房領事移住部外国人課首席事務官を経て、2001年から在ニュージーランド日本国大使館公使ポート・モレスビー総領事。2004年からミラノ領事2007年(平成19年)2月からチェンナイ総領事2011年(平成23年)4月から2013年9月17日までウガンダ大使[2][3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 皆川 一夫『ベトナムのこころ―しなやかさとしたたかさの秘密』めこん (1997/06)
  2. ^ (日本語) 〔ウガンダ大使〕皆川 一夫氏”. 時事ドットコム (2011年3月22日). 2011年6月4日閲覧。
  3. ^ [1]外務省

外部リンク[編集]

  • (日本語)大使挨拶(在ウガンダ日本国大使館ホームページ内)