安全保障政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安全保障政策(あんぜんほしょうせいさく、: national security policy)とは、国家独立平和を維持するために、主に軍事的な脅威などから国家を守る安全保障政策を言う。

概説[編集]

安全保障政策は基本的に軍事的な政策、すなわち軍事力の運用や外交政策についての包括的な政策である。主に外交政策によって構成され、軍事政策も部分的に含まれる。

軍事同盟や軍事支援についての政策もこれに含まれる。軍事戦略の下で基本的な方針は策定され、平時においては軍事力の育成や抑止力の維持に必要な軍事訓練・軍事交流・兵器開発・情報収集などを行い、戦時においては戦争紛争への対応を行うための政策である。

その性格上、外交政策と深い関係を持っており、対外政策としてまとめられることもある。そのためPKO軍事顧問団の派遣も外交的側面と同時に安全保障的な側面を持つ。

関連項目[編集]