小溝泰義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Yasuyoshi Komizo May 2017 (33605974454).jpg

小溝 泰義(こみぞ やすよし、1948年昭和23年)1月25日[1] - )は日本の外交官広島平和文化センター理事長、元駐クウェート国特命全権大使

略歴[編集]

1948年(昭和23年)、千葉県松戸市に生まれる。法政大学法学部を卒業後、1970年(昭和45年)に外務省に入省する。

国際原子力機関IAEA)事務局事務局長特別補佐官、条約局法規課専門官、条約局法規課法規調整官、 総合外交政策局軍縮不拡散・科学部不拡散・科学原子力課国際原子力協力室長、在ウィーン国際機関日本政府代表部大使、 駐クウェート国特命全権大使を経て、2012年平成24年)11月に退職する。

2013年(平成25年)4月、広島平和文化センター理事長に就任する。

2017年7月、外務省の核軍縮の実質的な進展のための賢人会議委員に就任[2]

2022年、瑞宝中綬章受章[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.260
  2. ^ 核軍縮の実質的な進展のための賢人会議委員との意見交換外務省
  3. ^ 『官報』号外第97号、令和4年5月2日

参考[編集]

外部リンク[編集]