河東哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河東 哲夫(かわとう あきお、1947年昭和22年)10月14日 - )は、日本外交官2002年平成14年)から2004年(平成16年)までウズベキスタン駐箚特命全権大使タジキスタン駐箚特命全権大使。

経歴・人物[編集]

東京都出身。私立武蔵高校を卒業後、1970年昭和45年)東京大学教養学部を卒業して、外務省に入省する。ハーバード大学大学院ソ連研究センター、モスクワ大学文学部への留学を経て、外務省東欧課長、在スウェーデン日本国大使館参事官、外務省文化交流部審議官ボストン総領事、ロシア特命全権公使を経て、2002年平成14年)から2004年(平成16年)までウズベキスタン駐箚特命全権大使タジキスタン駐箚特命全権大使を務めた。外務省退官後は、日本政策投資銀行設備投資研究所上席主任研究員となり研究、評論活動に入った。東京大学客員教授早稲田大学の客員教授、東京財団上席研究員などを務めている[1][2]

同期[編集]

著書[編集]

  • 『ソ連社会は変わるか』(サイマル出版会、嵯峨冽名義)
  • 『ソ連の試練』(サイマル出版会、嵯峨冽名義)
  • 『ロシアにかける橋』(サイマル出版会)
  • 『遙かなる大地』(ヴァグリウス社草思社、熊野洋名義)
  • 『意味の解体する世界へ』(草思社、2004年)
  • 『外交官の仕事』(草思社、2005年)
  • 『ロシアにかける橋―モスクワ広報・文化交流ノート』(かまくら春秋社、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 河東哲夫(かわとうあきお)”. Japan and World Trends. 2014年5月3日閲覧。
  2. ^ (日本語) 河東 哲夫”. Nippon.Com (2014年4月18日). 2014年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]