黒田義久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黑田 義久(くろだ よしひさ、1948年昭和23年)7月1日 - )は日本の外交官。EU公使等を経て、ウズベキスタン及びタジキスタン駐箚特命全権大使

人物[編集]

兵庫県姫路市出身。姫路市立砥堀小学校等を経て、1973年に京都大学法学部を卒業し外務省入省。1974年7月から1977年6月までロシア語研修。

ウラジオストク総領事ユジノサハリンスク総領事、欧州連合政府代表部公使レバノン駐箚特命全権大使 を経て、2009年から独立行政法人航海訓練所監事。2010年からウズベキスタン駐箚特命全権大使タジキスタン兼箚。

家族は妻と娘が1人いる。

同期入省[編集]

著作[編集]

  • 「総領事館ほっとライン(3)ユジノサハリンスク 日本に一番近い外国は「ロシア」」世界週報. 84(31) (通号 4110) [2003.8.19・26]