在ユジノサハリンスク日本国総領事館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
在ユジノサハリンスク日本国総領事館
Генеральное консульство Японии в Южно-Сахалинске
Hokkaido-center-building.jpg
在ユジノサハリンスク日本総領事館の所在する北海道センタービル
所在地 ロシアの旗 ロシアユジノサハリンスク
住所 5-6th Floor, Kommunisticheskiy pr., 18
座標 北緯46度57分37.8秒 東経142度44分59.4秒 / 北緯46.960500度 東経142.749833度 / 46.960500; 142.749833座標: 北緯46度57分37.8秒 東経142度44分59.4秒 / 北緯46.960500度 東経142.749833度 / 46.960500; 142.749833
開設 2001年1月29日
総領事 平野隆一
ウェブサイト www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
総領事館の入っているビルには日本関連の企業・事務所なども入っている。

在ユジノサハリンスク日本国総領事館ロシア語: Генеральное консульство Японии в Южно-Сахалинске英語: Consulate-General of Japan in Yuzhno-Sakhalinsk)は、極東ロシアサハリン州ユジノサハリンスクに設置されている日本総領事館

2017年10月1日時点で管轄区域内の在留邦人数は68人となっており、これは在外公館別で第207位、総領事館の中では在ハバロフスク日本国総領事館と並んで最小規模である[1]。しかしながら日本との物理的な距離は近く、対馬から直線距離で約50kmの在釜山日本国総領事館釜山広域市)、与那国から直線距離で約150kmの日本台湾交流協会台北事務所(台北市)、五島列島から直線距離で約180kmの在済州日本国総領事館済州市)に次いで日本に近い在外公館であり、稚内から直線距離で約200kmである。また、日本とは石油天然ガス関連のつながりが深く日・サハリン貿易が日露貿易の20%以上を占めているほか[2]、かつてサハリン南部(南樺太)が日本領であったことから、樺太残留日本人(樺太残留邦人)の問題も抱えている[3]

沿革[編集]

所在地[編集]

日本語 〒690003 ロシア連邦ユジノサハリンスク市コムソモーリスカヤ通り18 北海道センタービル5・6階[9]
ロシア語 693010, Россия, г. Южно-Сахалинск, Коммунистический пр., 18, 5-6 этаж[10]
英語 5-6th Floor, Kommunisticheskiy pr., 18, Yuzhno-Sakhalinsk, 693010, Russia[9]

その他[編集]

日本国外務省によれば、当総領事館が位置しているユジノサハリンスク市をはじめとした南サハリンは日本の解釈では所属未定であるが、サンフランシスコ平和条約によりその領土を放棄したため、総領事館を開設しても問題はないとの解釈である[11]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]