川上公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川上 公一(かわかみ こういち、1950年昭和25年) - )は、日本外交官トロント総領事レバノン駐箚特命全権大使を経て、外交記録公開担当特命全権大使を歴任した。

経歴・人物[編集]

石川県金沢市出身。金沢大学附属高等学校を経て、1976年(昭和51年)東京大学法学部を卒業して、外務省に入省した。

1977年(昭和52年)フランス大使館の外交官補となり、在外上級研究員として、グルノーブル政治学院、ENA(フランス国立行政学院)で学ぶ。後に首相となるドミニク・ド・ヴィルパンフランス社会党の大統領候補となったセゴレーヌ・ロワイヤルとは同窓であった。

1986年(昭和61年)駐フランス大使館一等書記官。外務省アジア局南東アジア第二課長を経て、1995年(平成7年)駐ミャンマー大使館公使参事官1998年(平成10年)駐仏大使館参事官兼広報文化センター所長を経て、2000年(平成12年)駐仏公使2001年(平成13年)マレーシア公使。2003年から2006年3月まで、政策研究大学院大学教授として外交政策を担当した[1]2006年(平成18年)トロント総領事2009年レバノン駐箚特命全権大使2012年(平成24年)3月23日、外交記録公開担当大使。2013年(平成25年)3月29日依願免官、4月1日防衛大学校防衛教育学群安全保障・危機管理教育センター長・教授[2]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 「日本の直接投資とソフトパワーが大切・・・」トロント 川上公一総領事 ”. 日加タイムズ (2006年5月12日). 2014年6月30日閲覧。
  2. ^ (日本語) 【外務省人事】 川上公一レバノン大使、外交記録公開担当大使に ”. e-Nikka (2012年4月5日). 2014年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
新設
外交記録公開担当大使
2012年-2013年
次代:
-