大鳥富士太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大鳥 富士太郎(おおとり ふじたろう、慶応元年12月23日[1]1866年2月8日) - 1931年昭和6年)11月7日[2])は、日本の台湾総督府官僚外交官貴族院男爵議員

経歴[編集]

江戸幕臣大鳥圭介の長男として生まれる[3][4][5]。父の死去に伴い、1911年(明治44年)7日10日に男爵を襲爵した[3][5][6]

1890年(明治23年)7月、東京帝国大学法科大学法律学科第一部を卒業[1][7]。同年、外務省試補となるが[4]1896年(明治29年)、台湾総督府に転じ台北県書記官となり、台湾総督府民政局参事官・台北県支庁長、総督秘書官を務めた[1]1901年(明治34年)、外交官及領事官試験に合格[1]。外交官に転じ、大韓帝国公使館勤務、オランダ公使館勤務、ウラジオストク総領事外務書記官フランス大使館参事官、駐メキシコ公使を歴任した[1][2]1921年大正10年)8月、病のため退官した[4]

退官後、1923年(大正12年)7月、貴族院議員補欠選挙で当選し[8]公正会に所属して活動し、死去するまで二期在任した[2]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 妻:ヨシ(斉藤良知長女)[3]
  • 長男:圭三(富士太郎没後に襲爵手続きを行わず、1934年11月に華族の栄典喪失)[3][10]
  • 二女:アヤ(河上徹太郎夫人)[3][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 人事興信録 1915.
  2. ^ a b c 議会制度七十年史 1960.
  3. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』上巻、318-319頁。
  4. ^ a b c 『新版 日本外交史辞典』111頁。
  5. ^ a b c 『人事興信録』第9版、オ125-126頁。
  6. ^ 『官報』第8415号、明治44年7月11日。
  7. ^ 『東京帝国大学一覧 従明治23年至24年』東京帝国大学、1891年、385頁。
  8. ^ 『官報』第3282号、大正12年7月9日。
  9. ^ 『官報』第967号「叙任及辞令」1915年10月21日。
  10. ^ 『官報』第2358号、昭和9年11月9日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 貴族院・参議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1960年
  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
大鳥圭介
男爵
大鳥(圭介)家第2代
1911年 - 1931年
次代:
栄典喪失