室田義文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
室田 義文
むろた よしあや
Yoshiaya murota.jpg
1932年の犬養内閣成立時
生年月日 1847年10月27日
弘化4年9月19日
出生地 日本の旗 日本 常陸国水戸藩
徳川葵 江戸幕府政権下
没年月日 (1938-09-05) 1938年9月5日(90歳没)
前職 外交官僚

貴族院議員
在任期間 1901年5月31日 - 終身
テンプレートを表示

室田 義文(むろた よしあや、1847年10月27日弘化4年9月19日[1]) - 1938年(昭和13年)9月5日[2])は、日本外交官政治家実業家特命全権公使錦鶏間祗候貴族院議員。

経歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『室田義文翁譚』 1939
  2. ^ 『官報』第3505号、「彙報 錦鶏間祗候卒去」1938年9月7日。
  3. ^ a b 大野 2003, p. 299
  4. ^ 『官報』第1845号「叙任及辞令」1889年8月22日。
  5. ^ 『官報』第2026号「叙任及辞令」1890年4月5日。
  6. ^ 『官報』第2503号「叙任及辞令」1891年10月31日。
  7. ^ 『官報』第3419号「叙任及辞令」1894年11月19日。
  8. ^ 『官報』第3453号「叙任及辞令」1895年1月4日。
  9. ^ 『官報』第4121号「叙任及辞令」1897年4月1日。
  10. ^ 『官報』第4106号「叙任及辞令」1897年5月18日。
  11. ^ 『官報』第4161号「叙任及辞令」1897年5月19日。
  12. ^ 『官報』第5178号「叙任及辞令」1900年10月3日。
  13. ^ 『官報』第5179号「叙任及辞令」1900年10月4日。
  14. ^ 『官報』第5270号「叙任及辞令」1901年1月29日。
  15. ^ 『官報』第5282号「叙任及辞令」1901年2月14日。
  16. ^ 『官報』第5372号「帝国議会 貴族院」1901年6月1日。
  17. ^ 『山口銀行史』
  18. ^ 『官報』第5545号「叙任及辞令」1901年12月25日。
  19. ^ 老川 2005
  20. ^ 伊藤暗殺から30年後に室田が事件の舞台を語るところによると、安重根の銃はブローニングの七連発拳銃であるが、伊藤の体内から出た銃弾はフランス騎馬銃の銃弾であり、弾痕は安重根からであれば上向きに穴をあけるはずのところ、下向きに穴をあけていた(『室田義文翁譚』 1939)。
  21. ^ 『官報』第379号「賞勲叙任」1884年10月1日。
  22. ^ 『官報』第2532号「叙任及辞令」1891年12月7日。
  23. ^ 『官報』第4172号「叙任及辞令」1897年6月1日。
  24. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。
  25. ^ 『官報』第2100号「叙任及辞令」1890年7月1日。
  26. ^ 『官報』第3291号「叙任及辞令」1894年6月20日。
  27. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  28. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  29. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  30. ^ 『帝国議会会議録』第38議会 貴族院 貴族院議員の異動
  31. ^ 『官報』第2503号「叙任及辞令」1891年10月31日。

文献[編集]

  • 室田義文翁物語編纂委員 『室田義文翁譚』 常陽明治記念会、1939年http://books.google.com/books/about/室田義文翁譚.html?id=UWX_mQEACAAJ 
  • 大野芳 『伊藤博文暗殺事件: 闇に葬られた真犯人』 新潮社、2003年。ISBN 9784103904052http://books.google.com/books?hl=&id=1pNOAAAAMAAJ 
  • 老川慶喜編 『山陽鉄道会社 明治期私鉄営業報告書集成』 日本経済評論社、2005年。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]