笠井達彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笠井 達彦(かさい たつひこ、1956年3月15日 - )は、日本外交官ロシア経済研究者日本国際問題研究所ロシア研究センター主任研究員や、一橋大学大学院社会学研究科客員教授等を経て、駐カザフスタン特命全権大使

人物・経歴[編集]

長崎県出身[1]。1974年長崎県立大村高等学校卒業[2]。1978年に長崎大学経済学部貿易学科卒業後、外務省に入省し[1]イギリス陸軍学校ロシア語学科や、モスクワ大学ロシア語研修を受けた[3][4]

ロシアの経済移行の研究などを行い、1996年にはバーミンガム大学ロシア東欧研究センターで、論文"The structure of the dual money flow in the former Soviet economy and subsequent inflation up to 1992"により社会学修士の学位を取得[3][4]。2002年日本国際問題研究所ロシア研究センター主任研究員兼研究調整部長に就任[3][4][5]。2003年一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻客員教授九州大学客員教授[4][5][6]

2005年在カザフスタン日本国大使館一等書記官[1]在キルギス共和国日本国大使館臨時代理大使。2008年欧州復興開発銀行日本代表理事代理、ビシュケク人文大学名誉博士[5]。2011年在英国日本国大使館一等書記官。同年外務省欧州局ロシア課上席専門官兼日露経済室長。2012年外務省欧州局ロシア課企画官兼日露経済室長[1]。2013年外務省大臣官房文化交流・海外広報課国際文化協力室長。2014年ウラジオストク総領事[5]。2018年駐カザフスタン特命全権大使[7]

著書[編集]

  • 『南東欧諸国外国投資促進調査』日本国際問題研究所 2003年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「在ウラジオストク日本国総領事による知事表敬訪問等について」島根県
  2. ^ 「|トピックス|平成24年度」長崎県立大村高等学校
  3. ^ a b c 「研究スタッフ」日本国際問題研究所
  4. ^ a b c d 「笠井 達彦 客員教授 ((財)日本国際問題研究所)」一橋大学大学院社会学研究科
  5. ^ a b c d 笠井総領事略歴
  6. ^ 「地球社会研究専攻」一橋大学大学院社会学研究科
  7. ^ 人事、外務省 日本経済新聞(2018/12/4 19:00)