角崎利夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「角﨑利夫」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
つのざき としお
角﨑 利夫
生誕 (1948-06-28) 1948年6月28日(69歳)
日本の旗 日本富山県高岡市
出身校 東京大学法学部卒業
職業 外交官

角﨑 利夫(つのざき としお、1948年昭和23年)6月28日 - )は、日本外交官カザフスタンキルギス駐箚特命全権大使セルビアモンテネグロ駐箚特命全権大使、査察担当大使などを歴任した。

人物・経歴[編集]

富山県高岡市出身[1]富山県立高岡高等学校を経て[1]1972年(昭和47年)東京大学法学部を卒業し、外務省に入省する。外務省では、駐ソ連大使館、駐大使館勤務、外務省国際連合局人権難民課長、大蔵省関税局監視課長を経て、

家族・親族[編集]

夫人の角崎悦子は、アジア防災センター主任研究員。悦子夫人の父は大蔵官僚出身で自由民主党衆議院議員経済企画庁長官総務庁長官を務めた塩崎潤帝京大学法学部教授[7]政策研究大学院大学(政策研究院)名誉教授[8]山根裕子は悦子夫人の姉、自民党衆議院議員で安倍内閣内閣官房長官塩崎恭久は弟である[9]

同期[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ““生きた世界史”学ぶ 角崎在セルビア大使が母校・高岡高訪問”. 北日本新聞. (2011年1月28日). http://webun.jp/item/1032414 2017年3月26日閲覧。 
  2. ^ 平成18年 再就職状況の公表について (PDF)”. 外務省 (2006年12月27日). 2017年3月26日閲覧。
  3. ^ (日本語) Amazon.co.jp:カザフスタン―草原と資源と豊かな歴史の国”. Amazon.co.jp. 2014年4月30日閲覧。
  4. ^ (日本語) 人事、外務省”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2013年2月20日). 2014年4月30日閲覧。
  5. ^ (日本語) 【人事】外務省”. SankeiBiz (2014年2月15日). 2014年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月30日閲覧。
  6. ^ 「特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成26年4月1日~平成27年3月31日)」外務省
  7. ^ 山根 裕子(70200772) KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  8. ^ 客員教員等 政策研究大学院大学
  9. ^ 塩崎恭久 近現代・系図ワールド~政治家系大事典~塩崎潤
  10. ^ セルビアを知るための60章”. 明石書店. 2017年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]