航海訓練所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

独立行政法人航海訓練所(こうかいくんれんじょ)は、国土交通省所管の独立行政法人

商船に関する学部学科の学生・生徒等に対し航海訓練を行うことにより、船舶の運航に関する知識及び技能を習得させることを目的とする訓練所。

本部所在地[編集]

231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎

沿革[編集]

  • 1943年4月 - 逓信省海務院に航海訓練所を設置。1942年12月まで文部省所管だった商船学校と高等商船学校の練習船(日本丸、海王丸、大成丸、進徳丸)が1943年1月より逓信省所管となっており、これらを運航するようになる。
  • 1945年5月 - 運輸省の所管となる
  • 2001年1月 - 省庁再編により、国土交通省の所管となる
  • 2001年4月 - 独立行政法人航海訓練所となる

訓練対象となる学校[編集]

練習船[編集]

海王丸では一般の人々を対象に乗船研修として、乗船研修や海洋教室を行っている。
タービン船は燃費等の関係により一般商船では利用されていない(LNG船等を除く)が、機関科実習生の海技資格が限定(内燃機関に限る)になってしまうため、世界唯一の蒸気タービンの練習船として運航されている。

外部リンク[編集]