伊藤博邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤博邦
いとう ひろくに
Hirokuni Ito 01.jpg
生年月日 1870年3月3日
没年月日 (1931-06-09) 1931年6月9日(61歳没)
出身校 学習院高等科卒業
(現学習院大学
前職 式部官
所属政党 火曜会
称号 旭日大綬章
子女 長男・伊藤博精
親族 叔父・井上馨(大蔵大臣)
養父・伊藤博文(内閣総理大臣)
兄・井上勝之助(貴族院議員)

在任期間 1909年11月30日 - 1931年6月9日
テンプレートを表示

伊藤 博邦(いとう ひろくに、明治3年2月2日[1]1870年3月3日)- 昭和6年(1931年6月9日[1])は、日本宮内官、政治家華族貴族院公爵議員

経歴[編集]

長州藩士・井上光遠(五郎三郎、井上馨の兄)の四男として生まれ、3歳から伊藤博文の家で育ち、8歳で伊藤の養嫡子となる[1][2][3]。兄に井上馨の養嫡子となった井上勝之助[4]。明治40年(1907年)に勇吉から博邦に改名[3]。養父の死去に伴い明治42年(1909年11月30日公爵を襲爵し[1][5]貴族院公爵議員に就任[6][7]火曜会に所属して死去するまで在任した[6]

学習院を卒業後ドイツ帝国に留学[2]。帰国して明治24年(1891年)、式部官に就任[2][6]。以後、式部次長、式部長官、大喪使事務官、大礼使参与官などを務めた[6]。その他、日本銀行監事、生活改善同盟会会長、日独文化協会会長、楠公会会長、厳島保勝会総裁、麻布区教育会会長などを務めた[2]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 実父:井上光遠(1828–1869) - 井上馨の長兄
  • 養父:伊藤博文(1841–1909)
  • 養母:伊藤梅子(1848–1924)
  • 叔父:井上馨(1836–1915)
  • 実兄:井上勝之助(1861–1929)
  • 妻:伊藤たま(1881–1927) - 高島嘉右衛門長女[1]
  • 長男:伊藤博精(1899–1962) - 公爵、宮内官[1]
  • 二男:清水博春(1901–1931) - 清水資治養子[1]
  • 三男:伊藤博通(1902–1993)
  • 四男:伊藤博約(1905–1907) - 早逝
  • 五男:伊藤博忠(1909–1922) - 早逝
  • 六男:伊藤博臣(1912–1975) 
  • 七男:林博則[8] (1913–?) -
  • 八男:伊藤博経(1917–?) 
  • 九男:伊藤博孝(1921–1988)
  • 十男:伊藤博英(1923–1987)
  • 長女:伊藤琴子(1903–1922) - 早逝
  • 次女:伊藤愛子(1906–?) - 永富謙一妻
  • 三女:伊藤十四子(1918–?) - 塩原祥三妻

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、167-169頁。
  2. ^ a b c d 『人事興信録』第9版、イ77-78頁。
  3. ^ a b 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017、「伊藤博文」の章
  4. ^ 伊藤邸:独楽荘土屋和男(常葉学園大学)、近代和風住宅を通した景勝地の形成に関する史的研究
  5. ^ 『官報』第7932号、明治42年12月1日。
  6. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』7頁。
  7. ^ 『官報』第7933号、明治42年12月2日。
  8. ^ 人事興信録第15版イ73

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。
日本の爵位
先代
伊藤博文
公爵
伊藤(博文)家第2代
1909年 - 1931年
次代
伊藤博精