中村順一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 順一(なかむら じゅんいち、1934年11月26日 - )は、日本の外交官京都国際会館館長も務めた。神奈川県横浜市出身[1]

経歴・人物[編集]

1958年東京大学法学部を卒業し、1960年ケンブリッジ大学大学院修士課程修了[2]

その後、外務省に入省し、在インドネシア公使、在シドニー総領事、国際協力事業団理事、外務省儀典長、ベルギー国駐箚特命全権大使などを歴任し、現在は外務省参与を務めている[2]

1998年から2008年までに京都国際会館館長を務めた[1]

平安女学院大学客員教授、京都外国語大学理事、国際京都学協会副理事長も兼任している[1]

著書に「日本の感性と東洋の叡智」などがある[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]