島津久厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

島津 久厚(しまづ ひさあつ、大正7年(1918年10月8日 - 平成26年(2014年8月2日)は、日本実業家。第23代学習院院長、丸十産業社長、島津茶園会長、島津山林会長。都城島津氏28代当主。宮崎県都城市出身。位階正五位。戦前における爵位男爵。その他、栄典として紺綬褒章藍綬褒章受章。元宮崎県公安委員会委員長日本赤十字社理事などの公職を歴任した。

家系[編集]

始祖・資忠島津氏4代当主忠宗の六男にあたる。代々日向都城3万9千6百余石を領する。明治24年(1891年)特旨を以って華族に列し男爵を授けられた。

経歴[編集]

男爵島津久家の長男として生まれる。学習院高等科東京帝国大学農学部卒業。1942年(昭和17年)陸軍技術将校となる。その後1947年(昭和22年)に丸十産業、1948年(昭和23年)には島津山林、さらに1969年(昭和44年)に島津茶園を設立した。1993年(平成5年)から2002年(平成14年)までは学習院院長を務めた。

このほか宮崎交通宮崎放送などの取締役を、過去には宮崎県体育協会会長、宮崎県公安委員・公安委員長、日本林業経営者協会会長、日本赤十字社理事も歴任するなど、日本や郷土の発展に重要な役割を果たしており、紺綬褒章、藍綬褒章を受章した。

2005年(平成17年)度までに、都城島津氏の所蔵する史料総計約1万点を都城市に寄贈し、国の重要文化財の指定を目指していた。

2014年(平成26年)8月2日、急性心不全のため死去[1]。95歳没。叙正四位

脚注[編集]

  1. ^ 島津久厚さん死去 都城島津家当主、学習院名誉院長 朝日新聞 2014年8月4日

外部リンク[編集]

日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(都城)島津家初代
1891年 - 1947年
次代:
華族制度廃止