山口鋭之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口鋭之助

山口 鋭之助(やまぐち えいのすけ、1862年3月9日文久2年2月9日) - 1945年3月4日)は、日本の物理学者教育者理学博士京都帝国大学教授、学習院院長、宮中顧問官

経歴[編集]

出雲国(現・島根県松江松江藩士・山口軍兵衛礼行の三男として生まれる。1884年東京大学理科大学物理学科を卒業。

東京大学予備門教諭、第一高等学校教授を歴任。1897年京都帝国大学理工科大学教授に転じ、文部省から留学生としてドイツフランスに派遣され3年間学んだ。1901年、理学博士号を取得した。

その後、学習院に移り次長に就任。1905年、第9代院長となり翌年まで在任。さらに、宮内省に転じ、図書頭諸陵頭を歴任し、宮中顧問官となる。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『普通教育物理学』大日本図書、1907年。
  • 藤岡勝二監修『物理学 - カーレント学生参考書 上』教文書院、1923年。
  • 藤岡勝二監修『化学 - カーレント学生参考書 上』教文書院、1923年。
  • 藤岡勝二監修『幾何 - カーレント学生参考書 上』教文書院、1923年。
  • 藤岡勝二監修『代数 - カーレント学生参考書 上』教文書院、1923年。
  • 藤岡勝二監修『日本地理 - カーレント学生参考書 上』教文書院、1923年。
  • 藤岡勝二監修『西洋史 - カーレント学生参考書 上』教文書院、1923年。
  • 『山陵の研究』明治聖徳記念学会、1923年。
  • 『祭政一致皇道の教学 - 近藤真琴先生の和魂漢洋才主義と教学の方針』本学会出版部、1937年。
  • 『世界驀進の皇道経済』本学会出版部、1938年。
監修
  • 愛之事業社編『明治大帝御製訓』愛之事業社、1935年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6595号「叙任及辞令」1905年6月26日。
  2. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  3. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 『昭和人名辞典』第1巻、日本図書センター、1987年(『大衆人事録』第14版「東京篇」帝国秘密探偵社、昭和17年刊の改題複製)
  • 『大正人名辞典』Ⅱ下巻、日本図書センター、1989年(『大衆人事録 昭和3年版』帝国秘密探偵社、昭和2年刊の改題複製)