堀切善兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀切 善兵衛
ほりきり ぜんべえ
Zenbei horikiri.jpg
1932年(昭和7年)当時の堀切善兵衛
生年月日 (1882-05-04) 1882年5月4日
出生地 日本の旗 日本 福島県信夫郡上飯坂村
(現福島県福島市)
没年月日 (1946-11-25) 1946年11月25日(64歳没)
死没地 日本の旗 日本 福島県信夫郡飯坂町
(現福島県福島市)
出身校 慶應義塾大学部理財[1]
前職 慶應義塾大学教授
所属政党 立憲政友会
称号 正四位
勲一等瑞宝章
従四位
正五位
旭日小綬章
配偶者 堀切美寿
親族 義父・吉野周太郎(貴族院議員)
次弟・堀切善次郎(内務大臣)
三弟・内池久五郎(衆議院議員)

日本の旗 第27代 衆議院議長
在任期間 1929年12月23日 - 1930年1月21日
天皇 昭和天皇

在任期間 1945年 - 1946年6月15日

選挙区 (福島県郡部選挙区→)
(福島県第3選挙区→)
福島県第1選挙区
当選回数 10回
在任期間 1912年5月15日 - 1937年3月31日
1938年3月10日 - 1942年4月29日
テンプレートを表示

堀切 善兵衛(ほりきり ぜんべえ、1882年明治15年〉5月4日[2] - 1946年昭和21年〉11月25日[2])は、日本政党政治家経済学者立憲政友会所属[2][3]

人物[編集]

1912年(明治45年)の第11回総選挙から1937年(昭和12年)の食い逃げ解散選挙まで連続10回の当選を果たし[3]、その間1929年(昭和4年)には第27代衆議院議長に選出された[2]。経済学者でもあり、経済学者としての専門は経済原論・財政学・商業政策・殖民政策である[2]内務官僚東京市長法制局長官内閣書記官長内務大臣などを歴任した堀切善次郎と衆議院議員を務めた内池久五郎は弟にあたる[3]

生涯[編集]

堀切良平の長男として福島県信夫郡上飯坂村(現・福島県福島市)に生まれる[2][3]1903年(明治36年)、慶應義塾大学理財科を卒業[1][2]米国ハーバード大学[2]英国オックスフォード大学[2]、さらにドイツベルリン大学に留学し帰国後母校の教授となる[2]。1912年(明治45年)政友会公認で第11回衆議院議員総選挙に福島県第一区から出馬し初当選[2][3]。以後連続当選10回[3]。政友会では幹事や総務を歴任。1918年(大正7年)高橋是清蔵相の大臣秘書官に就任[2]。1921年(大正10年)大蔵省参事官と高橋総理の総理大臣秘書官を兼務[2]。1924年(大正13年)加藤高明 護憲三派内閣農商務参与官を拝命[2]。1925年(大正14年)加藤高明憲政会単独内閣商工参与官を拝命。1929年(昭和4年)衆議院議長に選出される[2]。1931年(昭和6年)犬養内閣大蔵政務次官を拝命[2]。1939年(昭和14年)政友会の分裂に際し、中島知久平を総裁に担ぐ革新同盟(政友会革新派)に所属。1940年(昭和15年)かつては同じ政友会の代議士として気心知れた松岡洋右外相に乞われて駐大使[2][3]大島浩大使とともに大戦下における日独伊三国の協力関係の構築にあたる。1941年(昭和16年)勲一等瑞宝章受章。1942年(昭和17年)駐伊大使を辞して特派大使として欧州に2年間滞在。1944年(昭和19年)帰国。1945年(昭和20年)貴族院勅選議員に勅任される[2]。1946年(昭和21年)公職追放され[2]、同年6月15日、貴族院議員を辞任し[4]、同年11月25日胃潰瘍のため飯坂町の自宅で死去[5]。64歳。

栄典[編集]

位階
勲章

親族[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『慶応義塾総覧 大正3年』第二十二章 卒業生175頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 堀切 善兵衛 - 慶應義塾経済学者人物データベース内のページ。
  3. ^ a b c d e f g 概要 - 旧堀切邸、2020年7月28日閲覧。
  4. ^ 『官報』第5827号、昭和21年6月19日。
  5. ^ 『朝日新聞』 1946年11月27日
  6. ^ 『官報』第2809号「叙任及辞令」1921年12月12日。
  7. ^ 『官報』第2191号「叙任及辞令」1934年4月24日。
  8. ^ 『官報』第4701号「叙任及辞令」1942年9月9日。
  9. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。
  10. ^ 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年、ホ36頁。

参考文献[編集]

  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
議会
先代:
川原茂輔
日本の旗 衆議院議長
第27代:1929年 - 1930年
次代:
藤沢幾之輔