中島湘煙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかじま しょうえん
中島 湘煙
Nakajima (Kishida) Toshiko.jpg
生誕 岸田俊
(1864-01-13) 1864年1月13日
京都
死没 (1901-05-25) 1901年5月25日(37歳没)
大磯
墓地 大運寺
国籍 日本の旗 日本
別名 岸田俊子、中島湘烟
代表作 主論文「同胞姉妹に告ぐ」

中島 湘煙(なかじま しょうえん、文久3年12月5日1864年1月13日) - 明治34年(1901年5月25日)は、明治時代の女権拡張運動家・女性著作家である。本名は(しゅん)、のち俊子(としこ)に改名[1]。旧姓岸田(きしだ)[1]湘煙粧園と号す[1]

土佐藩出身の神奈川県令中島信行の後妻となり、活動を展開した。主論文は「同胞姉妹に告ぐ」[1]。遺稿集『湘烟日記』の著者名は中島 湘烟[2]

年譜[編集]

中島湘煙

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 京都大事典 淡交社 1984.11(項目名:岸田俊子) 国立国会図書館書誌ID:000001713924
  2. ^ 湘烟日記 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2020年1月30日閲覧。
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)233頁
  4. ^ 大運寺”. 大磯町観光情報サイト イソタビドットコム(大磯町ホームページ). 2020年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]