樋貝詮三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樋貝詮三
1952年

樋貝 詮三(ひがい せんぞう、1890年4月3日 - 1953年1月1日)は、日本政治家法学者。第37代衆議院議長

来歴・人物[編集]

山梨県東山梨郡勝沼町(現甲州市)出身。葡萄栽培を営む父、樋貝三良兵衛の三男として、1890年4月1日に出生。日川中学

中央大学~京都大学首席卒業[編集]

中央大学夜間法科在学中に文官高等試験に合格し、1918年京都帝国大学法科大学を首席卒業。

法制官僚~内閣恩給局長・保険院長官[編集]

卒業後は法制官僚となり、法制局に勤務の傍ら中央大学講師を務め、内閣恩給局長・保険院長官などを歴任。1943年に『海の慣習法』で京都帝大より法学博士の学位を取得した。

横濱専門学校理事[編集]

横濱専門学校(神奈川大学)創設者で衆議院議員米田吉盛の要請により、1927年に横浜学院、ついで1928年の横濱専門学校の創立に協力。横濱専門学校(神奈川大学)初代理事としても知られる。米田吉盛とは同じ中央大学で講師と生徒の関係として知り合い、米田は樋貝詮三を兄のように慕っていたという。

第三十七代衆議院議長[編集]

1946年の戦後最初に行われた第22回衆議院議員総選挙では、郷里の山梨から日本自由党の公認候補として擁立されて出馬し、当選する。新憲法の起草のため法制官僚としての経験や知識を傾注してGHQとの折衝にも尽力

樋貝は当選一回の新人議員でありながら衆議院議長に就任し、戦後改革の審議を取り仕切った。1946年6月21日、紛糾していた本会議において議長として全ての者を沈黙させる号鈴を鳴らしたが、さらに議場が紛糾してしまう事態になった。

その後、鈴木正文と自由党山梨県支部を結成する。山梨県全県区第24回衆議院議員総選挙まで3期選出され、1952年10月の第25回衆議院議員総選挙には出馬せず引退した。

皇室典範委員長・ 国務大臣・賠償庁長官[編集]

議長退任後は皇室典範委員長を経て第3次吉田内閣国務大臣賠償庁長官を務めた。

1953年1月1日、病により62歳で死去

故郷山梨の産業振興[編集]

中央政界で活躍する傍らで故郷山梨の産業振興にも力を入れる、まだ戦後間もない頃に農業共同組合連合会の設立を提唱し、自ら初代山梨県果実協会会長。山梨県の果実農業の基礎を築いたと言える。

エピソード[編集]

  • まこと教団(真如苑)(開祖の伊藤真乗は同郷山梨)が、1950年暴力事件沙汰で社会的信用を失い、教団存続が危ぶまれた際、信徒の伝手をたより開祖の妻摂受心院が第3次吉田内閣の樋貝詮三国務大臣の自宅を訪れた。表玄関からだと樋貝詮三に迷惑がかかるので、裏の勝手口から訪問、樋貝詮三に話す摂受心院の立ち振る舞いや話しぶりを見た樋貝詮三の娘が「ぜひ力になってあげてはどうでしょう」と、父親に進言、樋貝詮三は有能な弁護士を紹介した。教主と摂受心院は、樋貝が死去した後、毎月の祥月命日には欠かさず墓参りに来たという

親族[編集]

著書[編集]

  • 『恩給法原論』巌松堂書店、1922年。
  • 『海商法提要』巌松堂書店、1923年。
  • 『新恩給法釈義』良書普及会、1923年。
  • 『昭和八年改正恩給法解説』良書普及会、1933年。
  • 『海の慣習法』良書普及会、1943年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
議会
先代:
島田俊雄
日本の旗 衆議院議長
第37代:1946
次代:
山崎猛
公職
先代:
井上知治
日本の旗 賠償庁長官
第4代:1949
次代:
山口喜久一郎