大島久満次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大島久満次

大島 久満次(おおしま くまじ、慶応元年10月23日1865年12月10日) - 1918年大正7年)4月27日)は、日本台湾総督府内務官僚政治家。台湾総督府民政長官神奈川県知事衆議院議員

生涯[編集]

豪農永井匡威の五男として尾張国に生まれ、一等警視大島正人の養子となる。1888年東京帝国大学法科大学英法科を卒業し衆議院書記官となる。1889年5月、高等試験に合格し法制局参事官試補となり、法制局参事官を務めた。

1896年台湾総督府に転じ、民政局参事官、兼製薬所長、警視総長総務局長などを歴任。同総督府の文官ナンバーツーで、同じ法制局官僚出身の石塚英蔵に次ぐ反後藤新平民政長官派の高官であり、石塚の関東州民政署民政長官転出後は、反後藤派官僚の筆頭となった。そのため、後藤は南満州鉄道総裁就任時に大島を台湾総督府から転出させようとしたが失敗し、後藤が自らの後任とした祝辰巳の在任中死亡により、1908年5月に民政長官に就任した。しかし後藤が第2次桂内閣逓信大臣として入閣すると、同内閣は1910年7月に大島を更迭した[1]

1912年1月、神奈川県知事に就任。当時の横浜では憲政会の勢力が強く、原敬と親しく立憲政友会系であった大島と神奈川県会で激しく対立した。1914年4月に第2次大隈内閣が成立すると知事職を罷免された。

その後、1915年3月、第12回衆議院議員総選挙において愛知県郡部区に立憲政友会から出馬し当選。1917年4月の第13回総選挙で再選されたが、在職中に死去した。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 駄場裕司『後藤新平をめぐる権力構造の研究』(南窓社、2007年)89-93頁。
  2. ^ 『官報』第7194号「叙任及辞令」1907年6月24日。

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 駄場裕司『後藤新平をめぐる権力構造の研究』南窓社、2007年。
  • 岡本真希子『植民地官僚の政治史 - 朝鮮・台湾総督府と帝国日本』三元社、2008年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
公職
先代:
創設
大日本帝国の旗 台湾総督府警視総長
初代:1901年 - 1908年
次代:
大津麟平
先代:
中村是公
大日本帝国の旗 台湾総督府民政部総務局長
第3代:1907年 - 1908年(兼務)
次代:
山田新一郎
先代:
祝辰巳
大日本帝国の旗 台湾総督府民政長官
第5代:1908年 - 1910年
次代:
宮尾舜治
事務取扱