ツルモク独身寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ツルモク独身寮』(ツルモクどくしんりょう)は、窪之内英策漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で1988年(昭和63年)16号から1991年(平成3年)21・22合併号まで連載された。

概要[編集]

「ツルモク家具」の新入社員である宮川正太と、正太が住む独身寮の住人たちとの人間模様を描いたラブコメである。

なお、この「ツルモク家具」のモデルとなった会社は、かつて作者が勤務していた「カリモク家具」である。また、寮の建屋は東京急行電鉄田園都市線市が尾駅近辺に存在していた、作者の知人が勤務していた会社の独身寮がモデルになっている。[要出典]

1991年に映画化されている。2003年には台湾にて、『單身宿舍連環泡』という題名でドラマ化されている[1]

主な登場人物[編集]

宮川 正太(みやがわ しょうた)
主人公。連載開始当時18歳。高知工業高校を卒業し、恋人のともみを残して東京郊外にある木工家具製作会社「ツルモク家具」に入社する。「ツルモク家具」の独身寮では杉本京介、田畑重男と同室になる。実家は家具屋で、将来はインテリアデザイナーになりたいと考えている。性格的には純粋でとても優しい好青年だが、その優しさが仇となりともみとみゆきとの間で揺れ動く自分の気持ちにケジメを付けられずにいる。が入ると性格が豹変する。インテリアデザイナーの勉強のため外国へ旅立つ。帰国後、姫野と結婚。
姫野 みゆき(ひめの みゆき)
男子寮の隣にある女子寮に住んでいる正太の先輩。名古屋出身。連載開始当時20歳。総務課所属。田畑が屋上で女子寮でのぞき見していたときに目が合う。以後、正太にとって常に気になる存在になっていく。父親とは絶縁状態であったが、のちに和解。宮川と結婚。
杉本 京介(すぎもと きょうすけ)
宮川と独身寮で同室の先輩。連載開始当時21歳。ツルモク家具では1番のイケメンで常に女性と遊んでいるが、ある時ナンパした白鳥沢レイ子につきまとわれることになる。最終的には白鳥沢と結婚。
田畑 重男(たばたけ しげお)
正太と独身寮で同室の先輩で部屋長。連載開始当時27歳。彼女イナイ歴27年。班長試験に何度も落ち続けるが後に班長になる。趣味は女子寮の「のぞき」で、後にその行為を野沢あけみに抗議される。風俗通いもちょっとした趣味である。
桜井 ともみ(さくらい ともみ)
正太が田舎に残してきた彼女。連載開始当時17歳。正太が就職して1年後ともみも上京。しばらくの間、正太とみゆきを含めて三角関係になる。結局、正太とは破局。
白鳥沢 レイ子(しらとりざわ れいこ)
白鳥沢財閥の令嬢で、スタイルも抜群であるが顔は超がつくブサイク(正太の父曰く「ペルーの彫刻」)。家族そして使用人さえも全員が同じ顔である。「ワンレングスだとぱっと見て美人かブスかわからない」というネタで登場。はじめはチョイ役であったが作品後半ではレギュラー扱いになっている。得意セリフは「そんなあなたにフォーリンラブ」。さまざまな着ぐるみを着て杉本を連れ去っていくシーンはこの作品の定番になっていく。最終的には杉本と結婚。最終回で授かった子供は可愛い顔で、知人は口々に「京介の遺伝子の勝利」と発した。
野沢 あけみ(のざわ あけみ)
ツルモク家具の社員で女子寮に住んでいる。メガネ、そばかす、刈り上げのおかっぱが特徴。田畑とはいつもケンカばかりしているが、最終巻で田畑に結婚を申し込まれ、承諾。
三反田 春彦(さんたんだ はるひこ)
独身寮の寮長。一見好々爺然とした穏やかな老人だが、ジーザス・ジョーンズのモノマネが得意。新人歓迎会ではマイケル・ジャクソン仮面ノリダーのモノマネを披露するなど、流行の先端をチェックすることも忘れない。
鶴谷 ヒサ子(つるや ひさこ)
新工場長として赴任してきた東京大学首席卒業の女性。初登場時29歳。ツルモク家具社長の姪。スタイル抜群のため、杉本や田畑が何とかモノにしようと奮闘するが、実は子持ちの既婚者。愛煙家でもある。
山本 吾助(やまもと ごすけ)
『ボンジョルノ山本』の通名で知られ、世界的評価を受ける家具デザイナー。ツルモク家具と専属契約を結ぶが、普段はフランスを拠点として活躍。
平田 はじめ(ひらた はじめ)
青森から来たツルモクの新入社員。故郷に彼女を残して単身上京し、正太たちの住む部屋の4人目の仲間となる。
矢崎 コージ(やざき こーじ)
高知から来たツルモクの新入社員。正太の出身高校の一つ後輩だが、態度が悪く、正太と殴り合いのケンカをしたりするなど、さまざまなトラブルを起こす。みゆきにモーションを掛けるが断られる。
三反田 守(さんたんだ まもる)
三反田春彦寮長の孫で小学3年生。家出をして独身寮にやって来た。
青井 ツクモ(あおい つくも)
ツルモクの新入社員。野沢に本気で惚れるが、野沢が田畑への恋心を優先し、最後はフラれてしまう。

単行本[編集]

  • ビッグスピリッツコミックス 全11巻
  • ビッグコミックスワイド 全5巻
  • 小学館文庫 全7巻

タイトルは「ようこそ!」(第1巻)、「ただいま。」(完結巻)など感動詞になっている。

映画[編集]

1991年7月27日公開。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

アニメ版[編集]

脚注[編集]