平林都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひらばやし みやこ
平林 都
生誕 (1961-05-14) 1961年5月14日(61歳)
日本の旗 日本・鳥取県八頭郡若桜町
出身校高校卒業
職業エレガントマナースクール代表取締役
配偶者離婚
子供長女

平林 都(ひらばやし みやこ、1961年5月14日[1] - )は、日本のマナー講師。エレガントマナースクール代表取締役。本名は、大前 都。兵庫県神戸市在住[2]

経歴[編集]

鳥取県八頭郡若桜町出身[3]。高校卒業後、兵庫県の[要出典]信用金庫に就職。その間、茶華道や着物着付けを学び、27歳で接遇マナーを講習する「エレガントマナースクール」開業[2]。マナー講師兼経営者として、病院、銀行、自動車販売店などで数多くの研修を担当した。

人物[編集]

幼い頃に母親と死別、父親が遊び歩いてばかりでほとんど家に帰らなかったため、高校卒業まで叔父夫婦の元で育つ。周りの友人が着ているような服も着ることができなかったほど家庭に金銭が無く、「金銭感覚の無さはその反動かも」とも話している[2]。そのため子供ながらに「(叔父・叔母に)嫌われないように頑張らなきゃ」と笑顔でいることを心がけたことが、接遇を極めるきっかけになったという。平林は「(高校卒業後は)本当は大学に行きたかったが、叔父夫婦に言い出すことはできず、自分より成績の悪い同級生が大学へ進学していくのを見て、とても悔しい思いをした」と語っている[4]

家庭では、娘が1人いる[2]。その父親である男性とは別居の後に離婚したと2010年3月放送回の『踊る!さんま御殿!!』出演時に告白した。その時期については「つい最近」と述べたのみで、はっきりとは言及しなかった[5]

若かりし頃は男性に好かれていたそうで、「アッシーくん(自動車で送り迎えしてくれる男性)」「メッシーくん(レストランなどで食事をさせてくれる男性)」「貢ぐくん(金銭を提供してくれる男性)」を抱え、複数の男性と同時に交際していた。このエピソードを『踊る!さんま御殿!!』出演時に披露したところ番組司会の明石家さんまに「マナー講師がマナー違反をしてた」と皮肉られた[5]

その立場上テレビなどでマナーに厳しいご意見番として露出している一方、「車?1000万円はしたと思うけど」「ハンドバッグには常に150万円ははいっています」と金銭上の放言には寛容である[2]

出演[編集]

広告[編集]

著書[編集]

  • 『平林都の接遇道 人を喜ばせる応対のかたちと心』 大和書房 ISBN 978-4479792819
  • 『平林都の接遇道2<極意編>』 大和書房 ISBN 978-4479792987
  • 『接遇道 凛と際立つ女性となれ: 不思議なくらい心をつかむ「気づかい」の教科書』 三笠書房 ISBN 978-4837924418
  • 毎日新聞』連載「こんな時どうする?」

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平林都のプロフィール・画像・写真”. WEBザテレビジョン. スタ☆スケ. 2022年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e マナースクール学院長の平林都さん バッグには常に150万円”. NEWSポストセブン (2012年8月13日). 2022年5月21日閲覧。
  3. ^ 広報わかさ 平成23年9月号”. p. 11. 2022年5月23日閲覧。
  4. ^ 著書『平林都の接遇道2<極意編>』より。
  5. ^ a b 2010年3月23日(火)OA 放送内容・面白コメント集”. 日本テレビ踊る!さんま御殿!!』番組オフィシャルサイト (2010年3月23日). 2014年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]