高島俊男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高島 俊男(たかしま としお、1937年1月16日 - )は、日本の中国文学者エッセイストである。兵庫県相生市出身。

学歴[編集]

人物・来歴[編集]

東京大学経済学部を卒業後、銀行に5年勤めたが、大学院人文科学研究科中国文学科に入り、前野直彬らの指導の下で学んだ。文革後の中国文学、唐詩、「水滸伝」などの研究が中心。

岡山大学助教授を務めていたが辞職。以降は在野の研究者だが、1994年-1997年には愛知大学で非常勤講師として中国近現代文学を講義している。

1991年、『水滸伝』を論じた『水滸伝と日本人 江戸から昭和まで』で第5回大衆文学研究賞受賞。1995年、『本が好き、悪口言うのはもっと好き』で第11回講談社エッセイ賞

毎日新聞』の書評「今週の本棚」で『水滸伝の世界』が丸谷才一によって採り上げられ、賞賛を受ける。[要出典]SF作家の野田昌宏は、『水滸伝の世界』を読んで感嘆し、「この人はスペース・オペラの面白さがわかる人ではないか」と考えて手紙を出し、親しく文通していたことがある[1]。また、高島は『水滸伝と日本人』のあとがきで、母親が死んだ後、いきなり丸谷や野田を訪ねたことを書いている。

週刊文春』誌上で1995年5月4・11日号から2006年8月17・24日号まで11年にわたって「言葉の語源や、本来の正しい使い方、などについて」の連載エッセイ「お言葉ですが…」を連載した。連載最末期の部分は、文藝春秋が刊行を拒んだため、連合出版[2]から刊行された。2007年、草思社の公式サイト「草思WEB」で「新・お言葉ですが…」を再開するが諸般の事情により10号で休載する。2008年1月からは文藝春秋の月刊誌『諸君!』に「退屈老人雑録」を連載していた(2009年6月号で「諸君!」が休刊したのに伴い、「退屈―」も18号で休載)。

2001年には夏目漱石漢文で書いた旅行記「木屑録」を解読した『漱石の夏やすみ 房総紀行<木屑録>』で第52回読売文学賞随筆・紀行賞を受賞。

囲碁が趣味で、「お言葉ですが…」の連載中もたびたび囲碁の話題に触れていた。

近年、眼病を患い、執筆活動は口述筆記に頼るようになった。

主張等[編集]

評論などで日本語、漢字、漢文訓読文について述べている。

  • 支那」という用語が使えなくなった経緯について調査し、『本が好き、悪口言うのはもっと好き』収録の「『支那』は悪い言葉だろうか」にまとめ(詳細は「支那」参照)、チャイナを表す用語として使用するのは問題ないとしている。[3]
  • 『漢字と日本人』において、「漢字は本来、シナ語を表記するための言葉であり、日本語を表記するのには適さない。もし中国の言語・文字が入ってこなければ日本語は健全に成熟し、いずれ、やまとことばに適した文字を生み出していたに違いない。それが、まったく違う言葉と文字の『侵入』によって、日本語は発育を阻止され、音だけでは意味が通じない、文字を見なければ伝達できない言葉ができあがってしまった」、「そのため、日本語本来のやまとことば(和語)を表記するのに漢字を使うのは不自然である。まして、やまとことばを漢字で表記する際に複数の漢字の候補がある場合、『どの漢字が正しいのか』と議論するなど滑稽きわまりない[4]」としている。ただし、上記の理由から、漢字なしでは論理的かつ効率的な文章を構成することもできないとして、漢字廃止論も否定している。また、単語や文章の意味が変わったり、不明になったりすることから、旧字体新字体に置き換えることを批判している。[5]
  • 白川静の漢字学について、白川と藤堂明保との論争を分析した『お言葉ですが…別巻3』において、白川の漢字学を「いたって程度の低いもの」と批判している。
  • 『漱石の夏やすみ』において漱石の漢文作品「木屑録」を現代語訳し、今日でも使われている漢文の読み下し「漢文訓読文」は江戸末期に成立した日本語として半端なものであるとしている。

中国史に関連して次のような主張をしている

  • 『中国の大盗賊』において、「中国の王朝末期に起こる反乱軍は、多数の流民をひきつれた『盗賊』であり、その最終勝者が次の王朝を開く。毛沢東の共産革命軍もその一種だ」と論じた。なお、同書でいう『盗賊』とは盗人ではなく、在野の武装組織の意である[6]
  • 『お言葉ですが―別巻2』に収録された論文「宋江実録」において、『水滸伝』作中の首領である宋江が実際に「方臘の乱平定戦に参加した」と史料にあるが、これは『水滸伝』を読んだ後世の文人によって加筆されたものであると論じている。

文芸について次のような評論をしている。

  • 『メルヘン誕生』において、向田邦子の代表作『父の詫び状』の舞台となっている家庭環境が「戦前の標準的な家庭」として描かれていて、一般からもそう受け取られているが、実は非常にエリートの特殊なものであると論じている。
  • 『しくじった皇帝たち』の後半で、幸田露伴後期の名作とされる歴史小説運命』を批判して「漢文の原作をただ、漢文調で翻訳したのみであり、文学的な価値はない」とし、返す刀で露伴を賞賛している著名人たちをも酷評している。

著書[編集]

『お言葉ですが…』シリーズ[編集]

改題『お言葉ですが…〈2〉「週刊文春」の怪』2001年 文春文庫 ISBN 978-4167598037
改題『お言葉ですが…〈3〉明治タレント教授』2002年 文春文庫 ISBN 978-4167598044
改題『お言葉ですが…〈4〉広辞苑の神話』2004年 文春文庫 ISBN 978-4167598051
改題『お言葉ですが…〈8〉同期の桜』2007年 文春文庫 ISBN 978-4167598099

上記以外の著作[編集]

『水滸伝の世界』2001年 ちくま文庫 ISBN 978-4480036865
『水滸伝と日本人』2006年 ちくま文庫 ISBN 978-4480422743
『三国志 きらめく群像』2000年 ちくま文庫 ISBN 978-4480036032
同上 1998年 文春文庫 ISBN 978-4167598013
同上 2018年 ちくま文庫 ISBN 978-4480435323
『漱石の夏やすみ』2007年 ちくま文庫 ISBN 978-4480423436

注・出典[編集]

  1. ^ 野田昌宏『スペース・オペラの書き方』(早川書房〔新版〕1994年 (ISBN 978-4150304096)参照。
  2. ^ 連合出版ホームページ
  3. ^ 『漢字と日本人』p.14-15 。
  4. ^ 『漢字と日本人』p.85-88 。
  5. ^ 『漢字と日本人』p.169-192 。
  6. ^ 『中国の大盗賊』には、序章「盗賊」とはどういうものか、としてページを割いて詳述されている。『中国の大盗賊・完全版』(講談社学術文庫 2004年 ISBN 4-06-149746-4)ではp.10-57 。

外部リンク[編集]