蝶番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シンプルな蝶番

蝶番(ちょうつがい、: hinge)とは、開き・開き蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする部品である。建築業界では丁番の表記、「ちょうばん」の読み方が主流である[1]。英語のhingeからヒンジの呼称も使用される[2]

語源と慣用語[編集]

語源は「の番(つがい)」であり、その形状を、とまっている雄蝶と雌蝶のカップルに見立てたものである。古文書和歌などに「てふつがひ」として出てくるので、古くから使われた日本語と思われる。

蝶番(ちょうつがい)を「ちょうばん」と呼び、当て字「丁番」を用いるようになった時期は明確ではないが、現代ではむしろ、こちらが主流となっている。

種類[編集]

平蝶番
一般的なもの
旗蝶番
取付側と扉側がそれぞれ上下に分かれたもののうち、プレートの高さが全体の約半分になっているもの。それぞれを抜いて、取付側の羽根を逆さまにして見ると「旗」のように見える。プレートが上下に重なるため、板厚分の隙間を少なく出来る。玄関ドア等の鋼製ドアには標準的に採用され、室内ドアにも多く採用されている。
抜き蝶番
軸部分が分割されていて、を取り外せるもの。広義では上記の旗蝶番を含むが、狭義では一般的な蝶番と同じ形で、取付側と扉側のプレートの高さが同じもの(従来型と比して「二管蝶番」とも)を指す。
裏蝶番
扉を閉めた状態で、蝶番が見えないように取付られたもので、内外の区別のある収納などに使用される。名前の由来は扉側のプレートを、扉の裏側に取付していることから。収納や制御盤などに使われている。多くの家具類やシステムキッチン等で使用されるスライド蝶番もこの一種と区分できる。
隠し蝶番
扉を閉めた状態で、蝶番が見えないように取付られたもの。扉側のプレートを、扉の厚みの中に埋め込み、取付側も同様に埋め込んで取り付られる。高級ドアなどに使われている。
なつめ蝶番
フランス蝶番とも呼ばれる装飾蝶番。
自由蝶番
手前、奥の両方向に動く蝶番。厨房等のバックヤードの入口等に多く用いられる。
グレビティヒンジ
扉を開くと螺旋状にせり上がり、自重で自動的に閉まるようにしたもの。

出典[編集]

  1. ^ 丁番”. 住宅建築専門用語辞典. 2015年12月30日閲覧。
  2. ^ 意匠分類定義カード(M3) (PDF)”. 特許庁. 2015年12月30日閲覧。

関連項目[編集]