バフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バフト

Baxt / Бахт
都市
バフトのM34ハイウェイ
バフトのM34ハイウェイ
バフトの位置(ウズベキスタン内)
バフト
バフト
ウズベキスタン国内の位置
北緯40度42分50秒 東経68度41分36秒 / 北緯40.71389度 東経68.69333度 / 40.71389; 68.69333座標: 北緯40度42分50秒 東経68度41分36秒 / 北緯40.71389度 東経68.69333度 / 40.71389; 68.69333
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
シルダリヤ州
地区 シルダリヤ地区
設立年 1899年
行政
 • 種別
標高
866ft (264m)
人口
(2012)[1]
 • 合計 12,883人
等時帯 UTC+5 (ウズベキスタン標準時)
郵便番号
130603,120606-120608[2]
市外局番 +998-67-3
バフトのバザール

バフト (ラテン文字:Baxt, Baht、ウズベク語: Baxt / Бахтロシア語: Бахт) はウズベキスタンシルダリヤ州にある都市である[3]。州都のグリスタンからは北北西に約25kmの地点に位置する。1968年の人口は9,100人[4]、2012年現在の人口は12,883人である[1]

歴史[編集]

バフトは1899年サマルカンドタシュケントを結ぶ鉄道交換駅のある土地として設立された。1916年、交換駅は鉄道駅へと昇格した。この際、ロシアの皇太子アレクセイ・ニコラエヴィチに因んでヴェリコアレクセイェフスカヤ (Velikoalexeyevskaya、ロシア語のヴェリコ-Великоは「偉大」を意味する) と名付けられた。1963年、土地名がウズベク語で幸運を意味するバフト (ペルシア語: بخت‎) へと変更になった。1980年、バフトは都市へと昇格した[3]

産業[編集]

1970年代より、バフトでは建築資材工場と製綿工場があり、これらが街の中心産業となっている[4]

交通[編集]

バフトにはタシュケントからグリスタンを経由してサマルカンドを結ぶウズベキスタン鉄道の鉄道駅がある。タシュケントとタジキスタンの首都ドゥシャンベを結ぶ高速道路M34英語版もまたバフトを通っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Uzbekistán: Las ciudades más grandes con estadísticas de población”. population-statistics.com. 2012年12月7日閲覧。
  2. ^ Postal Code Search - Baxt postcodesdb.com、2012年12月7日閲覧。
  3. ^ a b Поспелов, Е.М. (2001年). “Бахт” (ロシア語). Географические названия мира: Топонимический словарь. АСТ. 2012年12月7日閲覧。
  4. ^ a b Бахт. Great Soviet Encyclopedia. http://bse.sci-lib.com/article101827.html 

外部リンク[編集]