アレクセイ・ニコラエヴィチ (ロシア皇太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクセイ・ニコラエヴィチ
Алексей Николаевич
ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
Алексей Романов.jpg
軍服姿のアレクセイ・ニコラエヴィチ皇太子(1916年頃)
続柄 ニコライ2世第1皇子
称号 ツェサレーヴィチ
全名 アレクセイ・ニコラエヴィチ・ロマノフ
身位 ロシア帝国皇太子
敬称 殿下
出生 1904年8月12日(ロシア暦7月30日)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
サンクトペテルブルク
死去 1918年7月17日(満13歳没)
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国
エカテリンブルクイパチェフ館
埋葬 1998年7月17日
ロシアの旗 ロシア
サンクトペテルブルク、ペトロパヴロフスキー大聖堂
父親 ニコライ2世
母親 アレクサンドラ・フョードロヴナ
宗教 ロシア正教会
サイン SignatureAlexeyNikolaevich.jpg
テンプレートを表示

アレクセイ・ニコラエヴィチ・ロマノフロシア語: Алексей Николаевич Романов, ラテン文字転写: Alexei Nikolaevich Romanov, 1904年8月12日(ロシア暦7月30日) - 1918年7月17日)は、ロシア帝国皇帝ニコライ2世の第1皇子、ロシア帝国最後の皇太子1917年二月革命で成立した臨時政府によって家族と共に監禁された。十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキの命を受けたチェーカー秘密警察)によって翌1918年7月17日に超法規的殺害(裁判手続きを踏まない殺人)が実行され、エカテリンブルクイパチェフ館において家族・従者と共にわずか13歳の若さで銃殺された。正教会聖人新致命者)。

生い立ち[編集]

ニコライ2世とアレクサンドラ皇后の第五子、第一皇子として生まれる。夫妻の待望の皇太子で、家族、とりわけ母アレクサンドラから溺愛された。しかし先天的に、母親を通じてイギリスヴィクトリア女王の家系から遺伝的にもたらされた血友病の患者としての誕生であった。それゆえ、少しの怪我でも大量に出血しまうため、生命の危険に晒されることもしばしばあったという。

しかし、皇太子の血友病のことは極秘であったため、皇帝夫妻の親しい友人でさえそのことを知らなかった。さまざまな病気の治療者として評判になっていたグリゴリー・ラスプーチンが皇太子の血友病の治癒を行ったため、皇帝夫妻のラスプーチンに対する信頼は揺るぎないものとなった。

スタフカ[編集]

第一次世界大戦中の1915年秋、ニコライ2世は長期滞在のために息子アレクセイとともにロシア軍の大本営にやってきた。誕生以来、女性の世界の中で育てられてきたアレクセイに男性的な教育を施し、兵士の士気を高める狙いがあった。実際にアレクセイが姿を見せると至るところで熱狂が巻き起こった[1]。司令部へ向かう途中にアレクセイは初めて前線部隊の閲兵の模様を見た。そして、死を目前に戦った兵士達の体験談を真剣な眼差しで聞いた[2]モギリョフの宿舎ではニコライ2世とアレクセイは同じ部屋にベッドを並べて寝た。ニコライ2世はアレクサンドラに送った手紙の中で「2人並んで寝るのは楽しいものです」と報告した。ニコライ2世は「アレクセイはここの私の生活に大きな光を与えてくれた」と書いたが、これより後には「彼と一緒にいると、我々全員に光明と生命を与えてくれるようだ」と語っており、2人が父と息子の触れ合いを楽しんでいた様子がうかがえる[3]

軍隊生活を非常に好み、元気になっていった。兵士が食べる黒パンを自分も食べ、宮殿で食べる食事を提供された時も「それは兵士が食べるものではない」と拒否した。ニコライ2世は妻への手紙の中で、噴水で水を掛ける遊びを最も好んでいると書いている。ベルギーイギリスフランス日本イタリアセルビアの外国人の軍を非常に好んでいた。1916年上等兵の階級を与えられたが、それを非常に誇りに思っていた。

監禁生活[編集]

1917年3月、二月革命により父ニコライ2世が退位する際、ニコライはアレクセイの健康を理由に継承権を放棄させ、実弟でアレクセイの叔父にあたるミハイル・アレクサンドロヴィチ大公に帝位を譲ろうとしたが、ミハイル・アレクサンドロヴィチ大公は臨時政府法相のアレクサンドル・ケレンスキーから身の安全を保障できないと通告されたため、即位辞退に追い込まれた。一家はツァールスコエ・セローアレクサンドロフスキー宮殿自宅軟禁下に置かれ、その際にアレクセイは裏切りを経験した。10年間アレクセイの傍近くに仕え、転ぶ前に咄嗟に支えたり、痛む脚を丹念にさすったりして献身的にアレクセイの世話をしていたかのように見られていた水兵のジェレヴェンコがアレクセイに残酷な仕返しをした挙句、宮殿から逃げ去るという事件が起こっている。この一部始終をアレクサンドラの親友で女官侍女)を務めたアンナ・ヴィルボヴァ英語版が回想している[4]

私はアレクセイの開いたドアの前を通り過ぎようとし・・・ジェレヴェンコ水兵が椅子にふんぞり返って座っているのが見えました。・・・彼が愛し世話をした少年に対し、横柄な態度で、あれを持ってこいこれを持ってこいと、使用人にさせることをさせようと大声で怒鳴っているのでした。・・・少年は恐怖で気も遠くなり、自分がさせられていることを半分も分からず、ただ命令の通りにしようと動き回っていました。

アレクセイはその後に監視下に置かれたトボリスクで建物内の階段をソリに乗って降りて転倒し、脚の付け根を負傷した。痛みが急速に酷くなり、アレクセイは悲鳴をあげ喘ぎながら「ママ、僕は死にたい。死ぬことなんか怖くない。ここでこうしているのが、とても怖いんだ」とアレクサンドラに訴えた[5]

出血後の状態は非常に悪く、1918年4月にボリシェヴィキが両親と姉のマリア・ニコラエヴナ皇女エカテリンブルクへ移送させた時、重病ですぐには移動できなかった。最終的にアレクセイは他の3人の姉妹と共に家族に合流したが、亡くなる直前には車椅子で生活をしなければならなくなっていた。ロマノフ家に同情的だった警備兵はアレクセイについてこう書き残している。「可哀想に、アレクセイは一日中寝たきりだ。父帝がアレクセイの簡易ベッドを部屋から部屋へと押して歩いている。顔面は蒼白で、眼は狼に追われた獣のように怯えている。それでも私の方を見てはにっこり笑い、私が最敬礼するとおどけて見せるのだった」[6]。ニコライ2世は薄幸の息子の苦しむ様子をベッドの傍らで見守りながら、次第に絶望感に陥っていった。それまでは毎日記していた日記も6月に入ってからは途切れがちになっている[7]

殺害[編集]

1918年7月17日にエカテリンブルクにある地下室で父母と4人の姉(OTMAオリガ・ニコラエヴナ皇女タチアナ・ニコラエヴナ皇女、マリア・ニコラエヴナ皇女、アナスタシア・ニコラエヴナ皇女)や4人の使用人エフゲニー・ボトキンアンナ・デミドヴァイヴァン・ハリトーノフアレクセイ・トルップ)と共に残酷に殺害された時、あと1ヶ月足らずで14歳の誕生日を迎えるところだった。

殺害はチェーカーから派遣された新任の警護隊長ヤコフ・ユロフスキーの指揮下で実行された。元皇帝一家は夜中に起きるように言われ、服を着替えてから階段を降りた。ニコライ2世はアレクセイを持ち上げて移動した。アレクサンドラは椅子を持って来てくれと求めた。元皇帝一家と使用人が席を確保した時、ユロフスキーが殺害の実行を発表した。

ニコライ2世が最初に銃殺され、アレクサンドラと2人の使用人も死亡した。逃げることもできなかったアレクセイは椅子に座りながら怯えており、暗殺者が何度も銃剣で刺しても死なずに家族の血の海の中でもがき苦しんでいた。アレクセイはチュニックの下に着ていたシャツを包んでいた宝石によって守られていた。最後にユロフスキーがアレクセイの頭に2度弾丸を発射し、黙り込んだ。

死後[編集]

元皇帝一家の遺骸は長らく行方がわからず、一部には生存逃避行説も流れたが、70年以上たった1989年、銃殺され埋葬された遺骨が発掘され、1991年に改葬された。しかし、アレクセイとマリアの遺骨は発見されず捜索が続けられた結果、2007年8月にエカテリンブルク近郊で2人のものと思われる遺骨が発見された。DNA鑑定を行い、2008年4月、「遺骨はアレクセイとマリアのもの」と公表された。またこの2つの遺体は切られた跡があるために焼却する前にバラバラにされた可能性があるという事実がわかり、かなり残酷な殺され方だったことも判明した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロバート・K・マッシー(著)、佐藤 俊二 (訳). ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇. 時事通信社. p. 251-252. ISBN 978-4788796430. 
  2. ^ ロバート・K・マッシー(著)、佐藤 俊二 (訳). ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇. p. 253. 
  3. ^ ロバート・K・マッシー(著)、佐藤 俊二 (訳). ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇. p. 254-255. 
  4. ^ ロバート・K・マッシー(著)、佐藤 俊二 (訳). ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇. p. 363-364. 
  5. ^ ロバート・K・マッシー(著)、佐藤 俊二 (訳). ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇. p. 399. 
  6. ^ ジェイムズ・B・ラヴェル(著)、広瀬順弘(訳). アナスタシア―消えた皇女. 角川文庫. p. 35-36. ISBN 978-4042778011. 
  7. ^ 植田樹. 最後のロシア皇帝. ちくま新書. p. 206. ISBN 978-4480057679. 

外部リンク[編集]