ロバート・マッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロバート・マッシー(Robert Kinloch Massie III、1929年-)は、アメリカ出身で、フランス在住の歴史家。専門は、ロシア史。

ケンタッキー州レキシントン生まれ。エール大学で学んだ後、ローズ奨学生としてオックスフォード大学に留学。『ニューズウィーク』や『サタデー・イブニング・ポスト』の記者を経て、1967年に渡仏。以後、著述活動に専念し、同年に発表したニコライ2世と皇后アレクサンドラの伝記は、1971年に『ニコライとアレクサンドラ』として映画化され、第44回アカデミー賞(美術賞・衣装デザイン賞)に輝いた。1981年、Peter the Great: His Life and World で、ピュリツァー賞(伝記部門)を受賞、1986年にはテレビドラマ化され、エミー賞に輝いた。

著書[編集]

  • Nicholas and Alexandra, Atheneum, 1967.
    • 『ニコライとアレクサンドラ――悲劇のロマノフ王家』 (リーダーズダイジェスト訳、日本リーダーズダイジェスト社、1972年)
    • 『ニコライ二世とアレクサンドラ皇后――ロシア最後の皇帝一家の悲劇』 (佐藤俊二訳、時事通信社、1997年)
  • Peter the Great, his life and world, Knopf, 1980.
  • Dreadnought: Britain, Germany, and the coming of the great war, Random House, 1991.
  • The Romanovs: the final chapter, Random House, 1995.
    • 『ロマノフ王家の終焉――ロシア最後の皇帝ニコライ二世とアナスタシア皇女をめぐる物語』 (今泉菊雄訳、鳥影社、1999年)
  • Castles of steel: Britain, Germany, and the winning of the Great War at sea, Ballantine, 2003.
  • Catherine the Great: portrait of a woman, Random House, 2011.

共著[編集]

  • Journey, with Suzanne Massie, Knopf, 1975.
『旅路――血友病と闘った夫妻の記録』 (三浦朱門ほか訳、双葉社、1978年)