佐藤俊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐藤 俊二(さとう しゅんじ、1896年9月12日 - 1977年1月2日)は、日本の陸軍軍人医師。最終階級は陸軍軍医少将

略歴[編集]

愛知県出身。1941年(昭和16年)1月、中支那防疫給水部長に就任。同年8月、軍医大佐に昇進。同年11月、南支那防疫給水部長に転じた。1944年(昭和19年)3月、第5軍軍医部長となり、1945年(昭和20年)6月、軍医少将に進み満州で終戦を迎えた。

戦後、戦犯容疑により逮捕され、1949年(昭和24年)12月、ソ連軍ハバロフスク裁判において強制労働20年の判決を受け、イワノボ将官収容所にて服役。1956年(昭和31年)の日ソ国交回復に伴い釈放され帰国した。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]