ペトロパヴロフスク要塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Peter and Paul Fortress
RUS-2016-Aerial-SPB-Peter and Paul Fortress 02.jpg
空中写真
種類 要塞博物館
所在地 ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルクの中心部
座標 北緯59度57分00秒 東経30度19分01秒 / 北緯59.950度 東経30.317度 / 59.950; 30.317座標: 北緯59度57分00秒 東経30度19分01秒 / 北緯59.950度 東経30.317度 / 59.950; 30.317
建設 1703-1740
建築家 ドメニコ・トレジーニ
ペトロパヴロフスク要塞の位置(サンクトペテルブルク中心部内)
ペトロパヴロフスク要塞
サンクトペテルブルク中心部におけるPeter and Paul Fortressの位置
ペトロパヴロフスク要塞

ペトロパヴロフスク要塞(ペトロパヴロフスクようさい、ロシア語:Петропа́вловская кре́постьピトラパーヴラフスカヤ・クリェーパスチ)は、ロシアサンクトペテルブルク要塞である。名称は、ロシア語で「ペトロパウロの要塞」という意味で、ペトロ・パウロ要塞、あるいはペトロ・パヴロ要塞とも表記される。

正式名称はサンクトペテルブルク要塞Санкт-Петербургская крепостьサンクトピチルブールクスカヤ・クリェーパスチ)。1914年から1917年にかけては都市の名称が「ペトログラード」であったため、要塞もペトログラード要塞Петроградская крепостьピトラグラーツカヤ・クリェーパスチ)と称した。

概要[編集]

1700年に始まった大北方戦争の過程でスウェーデンから土地を防衛するためにピョートル1世の命令で建設された。星型要塞の理論に基づいて設計され、河口付近のザーヤチ島の形状を生かして構築された。

要塞の中央に首座使徒ペトル・パウェル大聖堂(ペトロパヴロフスキー大聖堂)があり、ピョートル1世が葬られている。大聖堂はロシアの歴代皇帝の埋葬地となり、帝政ロシア時代は最も神聖な場所とされた。

1872年、南西のバスチョン(城壁の突出し部)に監獄が建設され、1917年まで政治犯収容所として利用された。一時はバクーニンネチャーエフドストエフスキーレーニンらも収容された[1]ロシア革命後には、失脚したロシア帝国議会議員や臨時政府の閣僚らも収容された(一部は脱走に成功したが、残った人々は獄死・処刑された)。

現在は要塞の西端に造幣局が立地しているが、それ以外の建物は観光客に開放されており、金箔を用いた豪華なバロック様式の大聖堂などを見学できる。

歴史[編集]

  • 1703年5月16日 - 建設開始。同日はサンクトペテルブルク開基の日でもある。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『るるぶロシア モスクワ・サンクトペテルブルク 2016』JTBパブリッシング、2016年、48頁。ISBN 978-4-533-11337-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]