ミハイル・ニコラエヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミハイル・ニコラエヴィチ
Михаил Николаевич
Michaelnikolrussland.jpg

出生 (1832-10-13) 1832年10月13日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク
死去 (1909-12-18) 1909年12月18日(77歳没)
フランスの旗 フランス共和国カンヌ
配偶者 オリガ・フョードロヴナ
子女 一覧参照
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
父親 ロシア皇帝ニコライ1世
母親 アレクサンドラ・フョードロヴナ
テンプレートを表示

ミハイル・ニコラエヴィチロシア語: Михаил Николаевич, ラテン文字転写: Michael Nikolaevich, 1832年10月13日 - 1909年12月18日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラ・フョードロヴナとの間の四男。カフカース副王(在任:1862年 - 1881年)を長く務め、トビリシに住んだ。その後、1881年から1905年まで国家評議会議長の地位にあった。

子女[編集]

1857年、バーデン大公レオポルト1世の末娘ツェツィーリエと結婚した。正教に改宗してオリガ・フョードロヴナと名乗った妻との間に7人の子女をもうけた。