セルゲイ・アレクサンドロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・アレクサンドロヴィチ
Сергей Александрович
ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
Grand Duke Sergei Alexandrovich of Russia.png
セルゲイ・アレクサンドロヴィチ大公
称号 ロシア大公
出生 1857年5月11日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ツァールスコエ・セロー
死去 1905年2月17日(満47歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ
埋葬 ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ、チュドフ修道院
1995年(改葬)
ロシアの旗 ロシアモスクワ、ノヴォスパスキー修道院
配偶者 エリザヴェータ・フョードロヴナ
父親 アレクサンドル2世
母親 マリア・アレクサンドロヴナ
役職 モスクワ総督
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

セルゲイ・アレクサンドロヴィチロシア語: Сергей Александрович, ラテン文字転写: Sergei Alexandrovich, 1857年5月11日 - 1905年2月17日)はロシア大公ドミトリー大公の伯父で育ての親でもある。

生涯[編集]

アレクサンドル2世の五男としてツァールスコエ・セローに生まれる。

1884年、ヘッセン大公ルートヴィヒ4世の次女エリーザベト・アレクサンドラ(エリザヴェータ、エラ)と結婚した。

1891年、兄アレクサンドル3世の命でモスクワ総督に就任。反動的で知られ、義弟でもある甥ニコライ2世に影響を与えた。1905年2月17日、馬車で外出中、エスエルのテロリストで、詩人でもあったイヴァン・カリャーエフ英語版が投げつけた爆弾により殺害された。この暗殺事件は、ロシア革命に少なからず影響を与えたといわれる。逮捕されたカリャーエフは、同年に処刑された。

メモ[編集]

  • 大佛次郎の短編『詩人』はセルゲイ大公の暗殺事件を題材にした作品である。

関連項目[編集]