バザール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タブリーズのバザール」。世界遺産。絨毯を売っているエリア。
トルコのイスタンブールカパルチャルシュ(「グランバザール」とも。)2004年

バザール英語: bazaarフランス語: bazarペルシア語ウルドゥー語:بازار、ヒンディー語: बाज़ारトルコ語: pazar)とは、中東諸国・中央アジアインドなどの市場のこと[1]。イスラーム世界の市場のこと。日本語では「バーザール」という表記をすることもある。

概要[編集]

「bāzār バザール」は、市場を意味するペルシア語である[2]語源的には中世ペルシア語の1つパフラヴィー語baha-charから来ており、「(物の)値段の決まる場所」が原意で、バザールでは“定価”はない、というのが一般的である(つまり、商品ごとや取引ごとに 売り手と買い手が価格交渉して、買い手ごとに異なった値段が決まる。一物多価。)。アラビア語では同様のもの(おおむね同様のもの)を「sūq スーク」という[2]。バザールは都市においては一般的に、住宅地から独立してバザールだけで独立した区画を形成しており、商店が密集している[2][注 1][注 2](近・現代では)屋根を持つ歩廊式の建物内(≒屋根がついた "通り" )の両側に商店工房が並ぶ方式が一般的である[3]

ムーア人のバザール
歴史
古代のメソポタミア西アジアでは、食物をはじめとする必需品を貯蔵して宮殿や都市(城砦都市)の分配し、バザールでは手工業品の販売を行なった。やがてイスラーム世界の商業が浸透すると、バザールは地域の食料市場も兼ねるようになった[4]
バーザールは、通りの両側に常設店舗が並ぶ構造が基本となる。これが発展すると十字路を作り、交差する通りや並行する通りに店舗が増えていき、このようにしてバザールは拡張された。常設店舗はペルシア語で「ドッカーン」と呼び、売買に加えて職人の工房も兼ねた。店舗から独立している工房(カールガーフ)や、それより大きい工場(カールハーネ)もあった。バーザールには同業者が区画に集まり、並行する通りを結ぶ「ダーラーン」と呼ぶ通廊や、さらに大規模な「カイサリーヤ」と呼ぶ通廊があった。同業者が集まることにより、競争による公正な取引や、行政の管理を容易にするなどの利点があった[5]
常設店舗から離れた場所には、サライキャラバンサライと呼ぶ遠隔地交易のための宿泊、倉庫、取引に使われる施設があった。これに対して地域の卸売や取引に使われる施設には、ティームチェやティームがあった。
通りの出入口には広場があり、周りにモスクマドラサ(教育施設)、ハンマーム(公衆浴場)が建っていた。広場では刑の執行、宗教的な祝祭、定期市などさまざまな目的に用いられた。広場での取引には賃借料が不要であったため、常設店舗を持てない露天商行商、そして農民など商人でない者でも参加できた。広場では職人たちの商品よりも場所を取る野菜果物など生鮮食料品、家畜が取引された。さらには、不用な物を売るための蚤の市も開かれた[6]
現代のバザールの多くは、香料・織物・塩・金などを交換する商店が集積する一帯で、通常、街中のモスク周辺の屋根のある通りに、競合する同業の卸売小売業者が固まっている。
このbāzārが、北米などでは転じて主にクリスマスの時期などに教会に献金するお金を得るため、人々が各家庭で不要になった書籍・衣類・日用品・工芸品などを教会堂近くで並べて安価に売ること(即席のマーケット)をいうようにもなり(バザーを参照)、さらには「在庫一掃」の意味で商業的に用いられるようにもなった。

ギャラリー[編集]

出典・脚注[編集]

1887年インド。バザールで銅器を求める女性。
脚注
[ヘルプ]
  1. ^ 恒久的な商業地区をいう[要出典]
  2. ^ 市場であり、商店の並ぶ通りである。
出典類
  1. ^ 広辞苑 第六版【バザール】
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典【バザール】
  3. ^ 大辞泉【バザール】
  4. ^ ポランニー 『人間の経済2』第10章
  5. ^ 坂本「イスラーム都市の市場空間とイスファハーン」 p22
  6. ^ 坂本「イスラーム都市の市場空間とイスファハーン」 p47

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]