バザールでござーる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バザールでござーるとは、日本電気(NEC)の販売促進キャンペーンである。

1991年11月に初のキャンペーンCMが放映され[1][2]、CMに登場する「バザール・デ・ゴザール」というサルキャラクターが人気になり[3]、やがてNECのマスコットとして定着した。後にバザールでござーるには家族が新たに登場し、CMにも出演している。キャラクター商品も多く作られている。

プロデュースは「だんご3兄弟」で知られるメディアクリエーター佐藤雅彦

概要[編集]

毎年年末に行われていた「NEC冬の情報生活市」の名称からまず「市=市場=バザール」のイメージが生まれ、そこから「バザールでござーる」というキャンペーン名称が先行で生み出され、後に発想でキャラクターが考案された[2][4]。キャラクターを起用したのは、女性や高齢者を含めた一般の人々にNECのパソコンワープロをアピールする手段として考案された[4]

バザール・デ・ゴザールの「(旧)ザイール出身」という設定は、佐藤雅彦が1994年に語ったところによれば、「『バザール・デ・ゴザール』という音の響きがフランス系(のイメージ)」だということから、アフリカフランス語圏の国で、「バザールでござーる」とも語呂が合うということで決められたとしている[4]。また、公式サイトでは、バザールの好物・バナナの世界的な産地だからとしている[2]

CMは、「バザール・デ・ゴザールがNECのお店に行こうとするが、いつも何らかの障害に遭い、失敗してしまう」というのが基本のストーリーである[3]

CMのジングル(サウンドロゴ)は明治大学グリークラブが、バザールの声は財津一郎が担当[2]。最近では、店頭などでの販促活動による登場が多くなっているが、テレビ新聞などのメディアに登場する機会は減ってきている。また、NEC製の携帯電話の一部ではプリインストール(ピクチャ)やマチキャラNTTドコモのみ)に「バザールでござーる」があり、設定することができる。

関連商品としてCD『バザール3兄弟音頭』(CMでバザール、ジャン=クロール、スモールの3兄弟が踊っていた楽曲[5]NECアベニュー/日本コロムビア、歌:財津一郎、1994年7月10日発売)、絵本『バザールでござーるの小冒険』(東京書籍、作:佐藤雅彦、内野真澄、絵:水口克夫、1994年8月発売。ISBN 4487753775)『バザールでござーるのバナナ裁判』(東京書籍、作:佐藤雅彦、内野真澄、絵:水口克夫、1995年10月発売。ISBN 4487754356)、ゲームフリーク製作によるPCエンジンSUPER CD-ROM2専用ソフト『バザールでござーるのゲームでござーる』がある。『バザールでござーるの小冒険』は1994年10月中旬現在で約10万部を発行した[1]。『バザール3兄弟音頭』は先の『だんご3兄弟』が日本国内でブームとなっていた時期によく比較対象されたことで話題となり、再発された。

2016年現在も細々とした形ではあるが、NECの販売促進キャラクターとして活躍している[6]

設定[編集]

バザール・デ・ゴザール[編集]

  • 旧ザイール(コンゴ民主共和国)出身。日本文化を勉強するために来日。
  • 11月10日生まれ(この日は第1回キャンペーンの開始日である[2])。
  • 好物はバナナ
  • おっちょこちょいでさみしがり。語尾は「ござーる」。

家族[編集]

デッサン・デ・ゴザール
バザールの父。画家。
ショコラ・デ・ゴザール
バザールの母。
ジャン=クロール・デ・ゴザール
バザールの兄。パリの大学院に留学。カナヅチ。
スモール・デ・ゴザール
バザールの弟。
ゴダール・デ・ゴザール
バザールの父方の祖父。農園業。
ビネガー・デ・ゴザール
バザールの父方の祖母。
カント・ド・ルコント
バザールの母方の祖父。元大学教授。
ヴァニラ・ド・ルコント
バザールの母方の祖母。
テリーヌ・シルブプレ
バザールの姉。既婚で子持ち。
パテ・シルブプレ
バザールの甥。テリーヌの息子。

脚注[編集]

  1. ^ a b MOE』1994年12月号、21頁。
  2. ^ a b c d e バザールの歴史 - バザール制作秘話、NEC。(2013/7/6閲覧)。
  3. ^ a b 『MOE』1994年12月号、16頁。
  4. ^ a b c 『MOE』1994年12月号、20頁。
  5. ^ 『MOE』1994年12月号、18頁。
  6. ^ バザールでござーるは今、どうしているのか? - 広報さんに聞いてみた - マイナビニュース、2016年1月8日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「謎のサル『バザール・デ・ゴザール』」『MOE』1994年12月号、16-21頁。

外部リンク[編集]