再配分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

再配分(さいはいぶん)は、文化人類学経済学社会学などにおいて用いられる概念。人類学においては、再配分は権力の中心に対する義務的な支払いと、中心からの払い戻しを指す。

概要[編集]

再配分は、社会構造の中心性を特徴とする。物理的なものや所有権が共同体の配分の中心へ向けて動いたあと、再び中心から社会のメンバーへ向けて動く。集団内で財が集められたのち、慣習、法、中央における臨機の決定において配分がなされる。所有権の再配分においては、物資の物理的な移動をともなわない場合もある。

再配分は狩猟採集社会から中央集権国家にいたるまで政治制度の一部であり、貯蔵、徴税、分業や社会階層、大規模な儀礼を可能にする。

カール・ポランニーは、再配分を互酬交換とともに社会統合の主要なパターンのひとつとした[1]

再配分の例[編集]

小規模な共同体
家族や荘園、古代ローマのファミリア、ゲルマン民族のムント、スラヴのザドルガ、狩猟採集社会の集団でも再配分は行われる。個人の働きによる収穫物や捕獲物も、集団全体で分けられた。
大規模な貯蔵
古代メソポタミアのシュメルバビロニア帝国、古代エジプトの新王国、南アメリカのインカ帝国などは大規模な貯蔵制度による再配分を行った。食料をはじめとする物資は管理され、共同労働への支払いや食料不足の際に現物で支給された。
領土の拡大と生産物の多様化によって、再配分は地理的に分化した集団を結びつけ、結果として分業を進める効果も持った。
祭礼
祭礼や食物分配の儀礼と結びついたものとしては、アフリカではダホメ王国の貢祖大祭[2]モシ人の収穫祭であるバスガ[3]などがある。太平洋のトロブリアンド諸島で交易用カヌーが進水すると行うサガリは、カヌーの建造に関わった人々に食物を配分する儀式である[4]。アメリカ大陸北西部のポトラッチのように、裕福な者からの贈与は再配分と関係を持つ[5]
慈善
東ローマ帝国の再配分は、大土地所有者である教会の慈善と密接に結びついており[6]、イスラームのザカートワクフの制度にも再配分の面がある[7]
租税
近代以降に成立した国民国家で行われている租税も、徴集と中央からの再配分となる。

再配分と市場[編集]

再配分は、共同体の内部において市場と結びつくことがあり、そうした市場では食料などの日用品を扱う。古代ギリシアのポリスの再配分には、富裕者の家政(オイコス)を用いた方法、都市国家レベルでの中央集権的な方法、アゴラの市場を用いた方法の3種類があった。アテナイの富裕者だったキモンは古来からの領地にもとづく再配分を行ない、貧困の市民に収穫物を分け与えた。これに対してペリクレスはアゴラの方法を推進し、それまで無料だった法廷の陪審者に報酬を支給し、アゴラで食料を入手できるようにした[8]

中世ヨーロッパでは領主や教会、のちには都市自治体が食料や日用品の流通を促進させ、必要物資を確保するための市場管理を行った[9]。北アメリカでは植民地時代から19世紀にかけて市場法の伝統があり、都市では食料の高騰や欠乏を防ぐためにパブリック・マーケットが設立された。食料品はパブリック・マーケットを通してのみ購入でき、市場外取引、転売、買占めは禁止された。老人、未亡人、身体障害者、貧困者などは売り場使用料や営業時間制限を免除され、路上での行商が認められた。ニューヨークのように冬が厳しい都市では、食料の他に燃料も管理された[10]

再配分と交易[編集]

共同体間の大規模な交易では、輸入財の分配と輸出財の徴集が必要となり、再配分を用いた管理交易が運営された。管理交易に特徴的な制度が交易港であり、外国交易者の保護、軍事的な保証、交易財の貯蔵の便宜、交易財の品目と比率の合意などを行った。

数学と文字[編集]

再配分で管理する物資の数量や種類が増えるにつれ、計算や記録も複雑化した。このため再配分システムは、シュメルのトークンとブッラ[11]や、ミケーネ文明の貯蔵制度[12]における線文字Bなど、初期の文字の発達と関連があるとされている。エジプトでエジプト式分数が発達した理由として、再配分による現物経済もあげられている[13]

出典・脚注[編集]

  1. ^ ポランニー『人間の経済1』 p91
  2. ^ ポランニー『経済と文明』
  3. ^ 川田『無文字社会の歴史』
  4. ^ マリノフスキ『西太平洋の遠洋航海者』
  5. ^ モース『贈与論』
  6. ^ 大月『帝国と慈善 ビザンツ』
  7. ^ 加藤『文明としてのイスラーム』
  8. ^ ポランニー『人間の経済2』 第12章
  9. ^ 山田「ヨーロッパの都市と市場」
  10. ^ 三瓶「十九世紀アメリカにおける市場
  11. ^ 大津忠彦常木晃西秋良宏『西アジアの考古学』同成社、1997年。 p126
  12. ^ 周藤芳幸『ギリシアの考古学』同成社、1997年。 p165
  13. ^ ジョージ・G・ジョーゼフ『非ヨーロッパ起源の数学』垣田高夫・大町比佐栄訳、講談社、1996年。

参考文献[編集]

  • 大月康弘 『帝国と慈善 ビザンツ』 創文社、2005年。
  • 加藤博 『文明としてのイスラーム』 東京大学出版会、1995年。
  • 川田順造 『無文字社会の歴史―西アフリカ・モシ族の事例を中心に』 岩波書店〈岩波現代文庫〉、2001年。
  • マーシャル・サーリンズ 『石器時代の経済学』 山内昶訳、法政大学出版局〈叢書ウニベルシタス〉、1984年。
  • 三瓶弘喜 「十九世紀アメリカにおける市場」(山田雅彦編 『伝統ヨーロッパとその周辺の市場の歴史』 清文堂、2010年。
  • カール・ポランニー 『経済と文明―ダホメの経済人類学的分析』 栗本慎一郎端信行訳、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2003年。
  • カール・ポランニー 『人間の経済1―市場社会の虚構性』 玉野井芳郎・栗本慎一郎訳、岩波書店、2005年 / 『人間の経済2―交易・貨幣および市場の出現』 玉野井芳郎・中野忠訳、岩波書店、2005年。
  • ブロニスワフ・マリノフスキ 『西太平洋の遠洋航海者』 泉靖一増田義郎編訳、中央公論新社〈世界の名著59〉、1967年。 / 講談社〈講談社学術文庫〉、2010年。
  • マルセル・モース 『贈与論 他二篇』 森山工訳、岩波書店〈岩波文庫〉、2009年。
  • 山田雅彦 「ヨーロッパの都市と市場」(佐藤次高岸本美緒編 『市場の地域史』 山川出版社、1999年。)
  • 若森みどり 『カール・ポランニー-市場社会・民主主義・人間の自由』 NTT出版、2011年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]