アクセル・ホネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アクセル・ホネット(「ジェンダーセンター開設記念講演会『労働と承認』」)  2010年3月21日(明大)

アクセル・ホネット(Axel Honneth、1949年 - )は、西ドイツエッセン出身の哲学者である。 フランクフルト大学社会哲学及びニューヨークのコロンビア大学人文科学の教授。社会科学研究所(社会研究所Institut für Sozialforschung, 通称IfS)の所長。

略歴[編集]

1949年、エッセンに生まれた。1969年にギムナジウム卒業試験に合格。1969年から1976年までに、、ボン大学ルール大学、ベルリン自由大学で哲学、社会学、ドイツ文学と哲学を学ぶ。 1977年から1982年まで、ベルリン自由大学社会学研究所の研究助手、1982年から1983年まで研究奨学金を得る。1983年にベルリン自由大学のウルス・イェギ (独語 Urs Jaeggi) により博士号を取得し、ヨハン・ウオルフガング・ゲーテ大学(フランクフルト大学)哲学科助教授となる。1989年10月から1990年7月まで、ベルリン高等研究院の特別研究員。1990年、フランクフルト大学哲学科教授資格取得。1991年、コンスタンツ大学のC-3教授。1992年にベルリン自由大学政治哲学のC-4教授。1995年9月から1996年4月までニュースクール大学テオドール・ホイス客員教授。1996年に、フランクフルト大学社会哲学C-4教授、社会研究所の教員構成員になる。1999年6月1日から30日まで、アムステルダム大学スピノザ講座の代表を務める。2001年4月から社会研究所所長。2011年からニューヨークのコロンビア大学人文学部教授。

主な研究[編集]

社会哲学と社会科学の論理学:承認論の基本体系;間主観的関係における道徳性の再構成;承認の多元的理論の発展;社会的存在論とシステム理論の革新的手掛りを考察することによる批判的社会理論の発展的継承等。

フランクフルト学派における位置づけ[編集]

ホネットはフランクフルト学派の第3世代に位置づけられるとされる。特に社会哲学の分野で承認の観点から考察を加え、かつてのユルゲン・ハーバーマスの助手としては最も発言を行う哲学者の一人として見られており、フランクフルト学派を代表する哲学者として活動を行っている。

著作[編集]

  • Kampf um Anerkennung. Frankfurt a. M. 1992 (neue Auflage 2003), ISBN 3-518-06748-6.[1]
    山本啓、直江清隆訳『承認をめぐる闘争――社会的コンフリクトの道徳的文法』法政大学出版局、2003年/〔増補版〕法政大学出版局、2014年
  • Desintegration – Bruchstücke einer soziologischen Zeitdiagnose. Frankfurt a. M. 1994, ISBN 3-596-12347-X.
  • Das Andere der Gerechtigkeit. Aufsätze zur praktischen Philosophie. Frankfurt a. M. 2000, ISBN 3-518-29091-6.
    加藤泰史、日暮雅夫ほか訳『正義の他者――実践哲学論集』法政大学出版局、2005年/〔新装版〕法政大学出版局、2013年
  • Kritik der Macht. Frankfurt a. M. 2000, ISBN 3-518-28338-3.
    河上倫逸監訳『権力の批判――批判的社会理論の新たな地平』法政大学出版局、1992年
  • Leiden an Unbestimmtheit. Eine Reaktualisierung der Hegelschen Rechtsphilosophie. Reclam, Stuttgart 2001, ISBN 3-15-018144-5.
    島崎隆ほか訳『自由であることの苦しみ――ヘーゲル『法哲学』の再生』未來社、2009年
  • Das Werk der Negativität. Eine psychoanalytische Revision der Anerkennungstheorie. In: Werner Bohleber, Sibylle Drews (Hrsg.): Die Gegenwart der Psychoanalyse - Die Psychoanalyse der Gegenwart. Stuttgart 2001, ISBN 3-608-94349-8, S. 238–245.
  • Michel Foucault - Zwischenbilanz einer Rezeption / Frankfurter Foucault-Konferenz 2001 (als Hrsg.). Frankfurt a. M. 2003, ISBN 3-518-29217-X.
  • Kommunikatives Handeln (als Hrsg. mit Hans Joas). Frankfurt 2002, ISBN 3-518-28225-5.
  • Unsichtbarkeit - Stationen einer Theorie der Intersubjektivität. 2003.
    宮本真也、日暮雅夫、水上英徳訳『見えないこと――相互主体性理論の諸段階について』法政大学出版局、2015年
  • Umverteilung oder Anerkennung? (mit Nancy Fraser). Frankfurt a. M. 2003, ISBN 3-518-29060-6.
    ナンシー・フレイザー共著、高畑祐人ほか訳『再配分か承認か?――政治・哲学論争』法政大学出版局、2012年
  • Dialektik der Freiheit. Frankfurter Adorno-Konferenz 2003, Frankfurt a. M. 2005, ISBN 3-518-29328-1.
  • Verdinglichung - Eine anerkennungstheoretische Studie. Frankfurt a. M. 2005, ISBN 3-518-58444-8 [eine um Kommentare erweiterte Ausgabe erschien bei Suhrkamp, Berlin 2015 ISBN 978-3-518-29727-8]
    辰巳伸知、宮本真也訳『物象化――承認論からのアプローチ』法政大学出版局、2011年
  • Schlüsseltexte der Kritischen Theorie. (als Hrsg.), Wiesbaden 2005, ISBN 3-531-14108-2.
  • Axel Honneth: The Tanner Lectures on Human Values (PDF; 8,5 MB), Englisch, 2005
  • Pathologien der Vernunft. Geschichte und Gegenwart der Kritischen Theorie. Frankfurt a. M. 2007, ISBN 978-3-518-29435-2
  • Bob Dylan. Ein Kongreß (als Hrsg. mit Peter Kemper und Richard Klein), Frankfurt a. M. 2007, ISBN 978-3-518-12507-6
  • hrsg. zusammen mit Beate Rössler: Von Person zu Person. Zur Moralität persönlicher Beziehungen. Suhrkamp, Frankfurt a. M. 2008, ISBN 978-3-518-29356-0
  • Erneuerung der Kritik. Axel Honneth im Gespräch. Hrsg. von Mauro Basaure, Jan Philip Reemtsma, Rasmus Willing. Campus, Frankfurt a. M. 2009
  • Das Recht der Freiheit - Grundriß einer demokratischen Sittlichkeit. Suhrkamp, Frankfurt a. M. 2011, ISBN 978-3-518-58562-7.
  • als Hrsg.: Strukturwandel der Anerkennung. Paradoxien sozialer Integration in der Gegenwart. Campus, Frankfurt a. M./New York 2013, ISBN 978-3-593-39513-5.
  • Das Recht der Freiheit. Grundriß einer demokratischen Sittlichkeit. Suhrkamp, Berlin 2013, ISBN 978-3-518-29648-6.
  • hrsg. zusammen mit Lisa Herzog: Der Wert des Marktes. Ein ökonomisch-philosophischer Diskurs vom 18. Jahrhundert bis zur Gegenwart. Suhrkamp, Berlin, ISBN 978-3-518-29665-3.
  • Die Idee des Sozialismus. Versuch einer Aktualisierung. Suhrkamp, Berlin 2015, ISBN 978-3-518-58678-5.
論文集

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dieses Buch ist im Urteil von Jürgen Habermas eines der wichtigsten Werke seit 1950 The Most Important Philosophical Books Since 1950?.