泉靖一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

泉 靖一(いずみ せいいち、 1915年6月3日 - 1970年11月15日)は、日本文化人類学者東京大学東洋文化研究所教授。専門は文化人類学正四位勲三等旭日中綬章

生涯[編集]

東京雑司ヶ谷に父・泉哲植民政策学者・明治大学/京城帝国大学教授)、母・ハツヨの長男として出生。本籍地は北海道夕張郡角田村(栗山町の前身)。祖父麟太郎は添田家より養子にはいったのだが、麟太郎の実兄添田龍吉の娘、波留は野呂家に嫁ぎ、のちの経済学者、野呂榮太郎を産んでいる。東京市青柳尋常小学校入学-豊島師範学校付属小学校(4年次転入)-朝鮮・京城府公立東大門尋常小学校(6年次転入)、京城公立中学校、京城帝国大学予科、京城帝国大学法文学部(当初は文学科、のち哲学科に転科)卒業。京城帝国大学法文学部助手、同大・理工学部助手兼書記、同大・学生主事補、同大・大陸資源科学研究所嘱託、同大・法文学部助教授を経て、太平洋戦争敗戦による朝鮮統治の終了と大学の閉鎖で、福岡市博多へ引き揚げる。

占領期の数年間は、博多聖福寺境内に設置された在外同胞援護会救療部に勤務。1949年4月に明治大学政治経済学部助教授、1951年11月に東京大学東洋文化研究所助教授に配置換え、同僚の一人に考古学者江上波夫がいた。

1955年4月に東大教養学部へ配置換え、著名な弟子に川田順造増田義郎がいる。1962年4月には石田英一郎と入れ替わりに、東洋文化研究所に再び配置換え、1964年11月に同研究所教授に昇任、1970年4月に同研究所長となったが、学園紛争の処理などもあり多忙を極めた。梅棹忠夫らと共に、国立民族学博物館設置に向けて活動し、開館後は館長に内定していたが、同年11月15日に急逝した。なお、国立民族学博物館の一般公開は7年後の1977年11月15日で奇しくも泉の命日だった。

著作[編集]

単著[編集]

  1. 『フィールド・ワークの記録 1』
  2. 『フィールド・ワークの記録 2』
  3. 『ラテン・アメリカの民族と文化』
  4. 『アンデスの古代文化』
  5. 『文化人類学・思索の旅』
  6. 『文化人類学に何を求めるか』
  7. 『文化人類学の眼』

主な編著[編集]

  • 『移民 ブラジル移民の実態調査』(古今書院、1957年)
  • 世界の名著59 マリノウスキー レヴィ=ストロース』(中央公論社、1967年)、のち新装版〈中公バックス〉
  • 『アイヌの世界』(鹿島出版会、1968年)
  • 『構造主義の世界』(大光社、1969年)
  • 『現代の冒険8 失われた文明を求めて』(文藝春秋、1970年)
  • 『人類と文明』(東京大学出版会、1972年)
  • 『住まいの原型Ⅰ』(鹿島出版会SD選書61〉、1971年) 

共著ほか[編集]

  • 寺田和夫と 『コトシュ発掘の最終報告書』(東京大学出版会、1972年)
  • 岡本太郎と 『対話 日本人は爆発しなければならない 日本列島文化論』(大光社 1970年、増補復刻版、ミュゼ、2000年)
  • マリノフスキー 『未開人の性生活』(蒲生正男・島澄共訳、新泉社、1971年、1978年、新版1999年) 初版は河出書房

回想・評伝[編集]

  • 泉貴美子 『泉靖一と共に』(芙蓉書房、1972年)
  • 藤本英夫 『泉靖一伝 アンデスから済州島へ』(平凡社、1994年)
  • 下川正晴 『忘却の引揚げ史 泉靖一と二日市保養所』(弦書房、2017年)