五行 (イスラム教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五行(ごぎょう)とは、ムスリムイスラーム教徒)に義務として課せられた5つの行為であり、六信とともにイスラームの根幹を成す重要な定めである。具体的には次の5つを指す。

信仰告白(シャハーダ)
アッラーフの他に神は無い。ムハンマドは神の使徒である。」と証言すること。
礼拝(サラー)
一日五回、キブラに向かって神に祈ること。
喜捨(ザカート)
収入の一部を困窮者に施すこと。
断食(サウム)
ラマダーン月の日中、飲食や性行為を慎むこと。
巡礼(ハッジ)
経済的・肉体的に可能であれば、ヒジュラ暦第十二月であるズー=ル=ヒッジャ月(巡礼月)の8日から10日の時期を中心に、マッカカアバ神殿に巡礼すること。

5つともクルアーン中でたびたび取り上げられているが、5つを一箇所でまとめて述べている章句は無い。ハディースでは「真正集」などで述べられている。

なおシーア派では十行(礼拝、喜捨(施し)、断食、巡礼、五分の一税、ジハード(努力すること)、善行、悪行の阻止、預言者とその家族への愛、預言者とその家族の敵との絶縁)となる。