ジュリアス・ソーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジュリアス・ソーパー(Julius Soper、1845年2月15日 - 1937年2月5日)は、青山学院神学部の教授、米国メソジスト監督教会宣教師。

人物[編集]

青山学院の石碑

1845年、メリーランド州生まれ。ドルー神学校卒業。米国メソジスト監督教会ボルティモア年会で按手礼を受け、1873年J・C・ディヴィソン夫妻と共に来日する。来日の翌年には津田仙津田塾大学創立者津田梅子の父)の経営する麻布の「学農社」を説教所として日曜礼拝と日曜学校を開始。津田仙ははじめ400人に洗礼を授けている。入信者には慶応義塾の初代塾長の古川正雄もいた。

1880年(明治13年)には、山形県天童市に高橋雲岱と共に医師志田良硯に招かれて伝道を始める。天道町大字天童小畑甲に天童美以教会(日本基督教団天童教会)を設立した。1882年には山形教会(日本基督教団山形本町教会)を設立した。[1]

このように明治期の日本にキリスト教の伝道と教育を行った。青山学院の源流である築地にあった「耕教学舎」の実質的な設立者でもある。そこでは、英学漢学を教授していた。1896年から1911年まで青山学院神学部の教授、1901年から年1908年までは同学部長を務めた。また、メソジスト監督教会の東京・横浜・函館連回区などの長老司も務めるなど、日本のメソジスト関係の諸機関の基礎作りに大きな貢献を果たした人物である。1937年、逝去。

洗礼[編集]

  • 1875年に、「キリスト教界の三傑」ともうたわれる津田仙とその妻に洗礼を授けている。

脚注[編集]

  1. ^ 守部喜雅(2009年)29-30頁

記念碑[編集]

彼の功績を記念して、青山学院大学青山キャンパス内の登録有形文化財「ベリーホール」前に彼の石碑が建立されている。

関連項目[編集]