ジュリアス・ソーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュリアス・ソーパー(Julius Soper、1845年2月15日 - 1937年2月5日)は、青山学院神学部の教授、米国メソジスト監督教会宣教師。

人物[編集]

青山学院の石碑

1845年、メリーランド州生まれ。ドルー神学校卒業。米国メソジスト監督教会ボルティモア年会で按手礼を受け、1873年J・C・ディヴィソン夫妻と共に来日する。来日の翌年には津田仙津田塾大学創立者津田梅子の父)の経営する麻布の「学農社」を説教所として日曜礼拝と日曜学校を開始。津田仙ははじめ400人に洗礼を授けている。入信者には慶応義塾の初代塾長の古川正雄もいた。

1880年(明治13年)には、山形県天童市に高橋雲岱と共に医師志田良硯に招かれて伝道を始める。天道町大字天童小畑甲に天童美以教会(日本基督教団天童教会)を設立した。1882年には山形教会(日本基督教団山形本町教会)を設立した。[1]

このように明治期の日本にキリスト教の伝道と教育を行った。青山学院の源流である築地にあった「耕教学舎」の実質的な設立者でもある。そこでは、英学漢学を教授していた。1896年から1911年まで青山学院神学部の教授、1901年から年1908年までは同学部長を務めた。また、メソジスト監督教会の東京・横浜・函館連回区などの長老司も務めるなど、日本のメソジスト関係の諸機関の基礎作りに大きな貢献を果たした人物である。1937年、逝去。

生涯[編集]

1845年2月15日 メリーランド州に生まれる。

1867年 ドルー神学校を卒業する。

1873年 米国メソジスト監督教会ボルティモア年会で按手礼を受ける。

1873年5月20日 マリー・フランシス・ディヴィソン(Mary Frances Davison、J・C・ディヴィソンの妹)と結婚[2]。この時、J・C・ディヴィソンとメアリー・エリザベス・スチュアート(Mary Elizabeth Stout)の結婚式も同時に行われた[3]

1873年8月8日 J・C・ディヴィソン夫妻と共に来日し、東京に赴任。妻のマリーも宣教師として供に来日する[2]

1874年 津田仙津田塾大学創立者津田梅子の父)の経営する麻布の「学農社」を説教所として日曜礼拝と日曜学校を開始。津田仙ははじめ400人に洗礼を授けている。入信者には慶応義塾の初代塾長の古川正雄もいた。

1874年7月7日 長女のレナ・イザベル・ソーパー(Lena Isabel Soper)が東京で誕生する[2]

1875年9月4日 長女のレナ・イザベル・ソーパー死去[2]

1875年10月2日 築地美以教会(後の銀座教会)設立[2]

1876年7月16日 息子のエドモンド・ディヴィソン・ソーパー(Edmound Divison Soper)誕生。彼も後に宣教師となる[2]

1878年 青山学院の源流である「耕教学舎」を築地で設立する。彼は英学漢学を教授していた[2]

1878年6月11日 次男のジェームス・プレストン(James Preston Soper)が東京で誕生する[2]

1879年2月2日 次男のジェームス・プレストン死去[2]

1880年 山形県天童市に高橋雲岱と共に医師志田良硯に招かれて伝道を始める。天道町大字天童小畑甲に天童美以教会(日本基督教団天童教会)を設立した。

1881年 横浜に赴任[2]

1881年4月15日 二女のエセル・モード・ソーパー(Ethel Maud Soper)が横浜で誕生する。彼女も後に宣教師となる[2]

1882年 東京に赴任。山形教会(日本基督教団山形本町教会)を設立した。[1]

1883年 アメリカに帰国[2]

1884年8月1日 二女のネリー・ウィニフレッド(Nellie Winifred Soper)がアメリカで誕生する[2]

1884年11月23日 ネリー・ウィニフレッド死去[2]

1886年 東京に赴任[2]

1892年 北海道に赴任[2]

1896年 東京に赴任。青山学院神学部の教授となる[2]

1901年 青山学院神学部学部長となる[2]

1908年 青山学院神学部学部長をやめる[2]

1911年 アメリカに戻る[2]

1914年 ノース・グレンデール・メソジスト監督教会の牧師となる[2]

1919年 ノース・グレンデール・メソジスト監督教会の牧師引退[2]

1927年7月20日 妻マリー死去[2]

1937年2月5日 死去。

洗礼[編集]

  • 1875年に、「キリスト教界の三傑」ともうたわれる津田仙とその妻に洗礼を授けている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 守部喜雅(2009年)29-30頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w ジャン・W・クランメル (1996年2月25日). 『来日メソジスト宣教師事典』. 教文館. p. 242-243. 
  3. ^ ジャン・W・クランメル (1996年2月25日). 『来日メソジスト宣教師事典』. 教文館. p. 64. 

記念碑[編集]

彼の功績を記念して、青山学院大学青山キャンパス内の登録有形文化財「ベリーホール」前に彼の石碑が建立されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ジャン・W・クランメル『来日メソジスト宣教師事典』教文館、1996年2月25日

外部リンク[編集]