デイヴィッドソン・マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイヴィッドソン・マクドナルド
Davidson MacDonaold
Davidson MacDonaold.jpg
個人情報
出生 1936年
カナダの旗 カナダオンタリオ州プリンスエドワード郡ブルームフィールド
死去 1905年1月3日
カナダの旗 カナダ
国籍 カナダの旗 カナダ
居住地 静岡県静岡市
配偶者 アニー・クラーク
職業 宣教師医師
出身校 ビクトリア大学神学部トロント大学(医学博士)
テンプレートを表示

デイヴィッドソン・マクドナルド: Davidson MacDonaold1836年 - 1905年1月3日)は、スコットランドカナダ人カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会明治時代日本に派遣した宣教師である。また教育者であり、医師でもあった。

宣教師として日本で静岡バンドなど多くの弟子たちを育て、彼らは静岡教会など多くの教会を設立していった。また、自らも日本年会(後の日本基督教団)議長[1]を務めた。

教育者として静岡県賤機舎の英語教師を務め、後に東洋英和学校(とうようえいわがっこう・現在の麻布中学校・高等学校)の設立に携わった。

医師として公立静岡病院(後の静岡市立静岡病院)の顧問を務め、自らも診察を行った。

生涯[編集]

幼少期・青年期[編集]

1836年 カナダオンタリオ州プリンスエドワード郡ブルームフィールドで、スコットランド人の父ジョン・マクドナルド(John MacDonald)と母サラ(Sarah MacDonald)の子として生まれる[2][1]ビクトリア大学神学部を卒業する[2]

1860年 カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会の教職試補となる[3]

1864年

  • カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会の教職として按手を受ける[4]。ダペンポルトならびにシートン教会の牧師となる[3]牧師の傍らトロント大学医学部に学ぶ[2][4]
  • アニー・クラーク(Annie Clark 1864年 - 1937年3月20日[1])と結婚[5]

1872年 トロント大学医学部を卒業[2][4]医学博士(M・D・)の学位を取得し、開業医となる[5]

日本宣教師[編集]

1872年(明治5年)カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会(1874年にカナダ・メソジスト教会となる)、日本伝道を決議[3]

1873年(明治6年)マクドナルドジョージ・コクランと共にカナダ・ウェスレアン・メソジスト教会より宣教師として日本に派遣される。

1873年(明治6年)6月30日 横浜に上陸[3]G・コクランと一緒に横浜の山手に家を借り、英語と聖書を教える。その後、コクランは東京で、マクドナルド静岡で伝道をすることになる。

1874年(明治7年)

1876年(明治9年)

1878年(明治11年)

  • コクランと供にカナダ・メソジスト教会に婦人宣教師派遣を請願する[15]
  • 3月27日 マクドナルドは静岡を離れ、一時帰国[16]。静岡にいた4年の間に洗礼を授けた人数は129人にもなっていた[4]

1879年(明治12年)再来日。ミッションの議長となる。東京築地明石町で医療と伝道を行った[4]

1882年(明治15年)12月27日 カナダ・メソジスト教会婦人伝道会社より派遣された婦人宣教師マーサ・カートメル、横浜に上陸[17]

1883年(明治16年)

  • 夏 コクランと供に東洋英和学校の土地購入に関する懇談会を開く。その中で東洋英和女学校開設の土地購入資金の立替えをマーサ・カートメルに約束。[17]
  • 秋 東洋英和学校のため麻布東鳥居坂町13番地の土地を購入。
  • D.マクドナルド、築地教会講義所(後の鳥居坂教会)を設立。

1884年(明治17年)

  • 10月20日 東洋英和女学校が麻布東鳥居坂町14番地に開校。マーサ・カートメルが初代校長となる。[17]
  • 11月1日 東洋英和学校が麻布東鳥居坂町13番地に開校。ジョージ・コクランが初代校長となる。[18]

1889年(明治22年)日本年会(後の日本基督教団)議長就任[1]

1898年(明治31年)日本年会議長離任[1]

1904年(明治37年)8月 帰国[1][4]

1905年(明治38年)1月3日 召天[1]

洗礼を授けた人[編集]

按手礼を授けた人[編集]

逸話[編集]

死因[編集]

マクドナルドの死因は心臓麻痺であるが、これは「日露戦争で旅順が陥落したことで極度に喜んだため」と言われている[16][19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ジャン・W・クランメル (1996年2月25日). 『来日メソジスト教会宣教師辞典』. 教分館. p. 163. 
  2. ^ a b c d マクドナルド”. ジャパンナレッジ. 2013年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 鳥居坂教会百年史. 日本基督教団鳥居坂教会. (1987年11月15日). pp. 14-16. 
  4. ^ a b c d e f g マクドナルド”. コトバンク. 2013年3月19日閲覧。
  5. ^ a b 『静岡教会一二五年史』(125年史編纂委員会、2006年) P38
  6. ^ 『静岡英和女学院百年史』(百年史編纂委員会、1990年) P39
  7. ^ 静岡英和女学院百年史. 静岡英和女学院. (1990年11月26日). p. 44. 
  8. ^ a b 澤田泰紳 (2006年7月25日). 日本メソヂスト教会史研究. 日本キリスト教団出版局. p. 128. 
  9. ^ 『静岡教会一二五年史』(125年史編纂委員会、2006年) P38
  10. ^ 『静岡教会一二五年史』(125年史編纂委員会、2006年) P39
  11. ^ 『東海教区史』. 日本基督教団東海教区. (2003年5月20日). p. 98. 
  12. ^ 市立静岡病院建設落成記念誌. 市立静岡病院. (1989年4月22日). p. 126. 
  13. ^ ふるさと百話第13巻. 静岡新聞社. (1975年4月15日). p. 101. 
  14. ^ 静岡県史資料編16. 静岡県. (1989年3月20日). p. 1205. 
  15. ^ 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). pp. 38-40. 
  16. ^ a b 飯田宏 (1967). 静岡県英学史. 講談社. pp. 28-32. 
  17. ^ a b c 東洋英和女学院120年史』. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). p. 39. 
  18. ^ 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). p. 302. 
  19. ^ 倉長巍 (1992年12月10日). 平岩愃保伝. 大空社. p. 108. 

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』 教文館、1988年
  • 高橋昌郎 『明治のキリスト教』 吉川弘文館、2003年
  • 守部喜雅 『日本宣教の夜明け』 いのちのことば社、2009年
  • 『静岡教会125年史』 日本基督教団静岡教会、2009年7月31日
  • 『静岡教会六十年史』 日本キリスト教団静岡教会、1985年
  • 静岡英和女学院百年史編纂委員会 『静岡英和女学院百年史』 1990年
  • 『東海教区史』 日本基督教団東海教区、2003年5月20日
  • ジャン・W・クランメル 『来日メソジスト教会宣教師辞典』 教分館、1996年2月25日
  • 倉長巍 『平岩愃保伝』 大空社、1992年12月10日
  • 飯田宏 『静岡県英学史』 講談社、1967年
  • 『東洋英和女学院120年史』 東洋英和女学院、2005年2月25日
  • 『鳥居坂教会百年史』 日本基督教団鳥居坂教会、1987年11月15日
  • 澤田泰紳 『日本メソヂスト教会史研究』 日本キリスト教団出版局、2006年7月25日
  • 『市立静岡病院建設落成記念誌』 市立静岡病院、1989年4月22日
  • 『ふるさと百話第13巻』 静岡新聞社、1975年4月15日
  • 『静岡県史資料編16』 静岡県、1989年3月20日