ジョージ・ペリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ・ランダー・ペリン(George Landor Perin、1854年7月31日 - 1921年12月)は、アメリカ合衆国ユニヴァーサリスト宣教師である。

1854年にアイオワ州に生まれ、セントロース大学を卒業し、1878年ユニヴァーサリスト派牧師として叙任される。1878年にアイオワ州、1883年にボストンのショウスト教会で牧会をする。

1890年(明治23年)に、I・W・ケートM・C・ショーナーと共に来日する。1891年にユニヴァーサリストのための雑誌「自由基督教」を創刊する。1894年にアメリカに帰国する。帰国後は、ショウストの教会で牧師をする。また、勤労青年、老人ホームなどの事業で活躍する。

著書[編集]

  • The Sunny Side of life,1901

参考文献[編集]