ジョン・パイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・パイパー(John Piper、1840年 - 1932年)は、英国聖公会宣教師である。日本の東京に派遣されて明治時代に、聖書翻訳等で活躍した。

生涯[編集]

1863年にCMSの宣教師養成学校で学び、1866年に中国執事に任命される。1869年に司祭に任命され、1873年には日本宣教総書記に任命され、1874年に、フィリップ・ファイソン(Philip Kemball Fyson,1846-1928)と共に来日する。最初築地居留地の住宅でバイブル・クラスを開き、1878年(明治11年)に築地52番に聖パウロ教会を設立した。

聖書翻訳[編集]

パイパーは日本語聖書の翻訳と日本聖公会祈祷所の翻訳を行い、1880年に初めて、新約聖書全一巻と引照新約聖書全書を出版した。さらに、旧約聖書の最初の和訳本を分冊にして『ヨナ書ハガイ書マラキ書』を1882年に出版した。

参考文献[編集]